こころ豊かに生きる・人生講座

第8期 人生講座・論語に学ぶ⑫ 一人一人の論語~平成22年11月30日(火)~

一人一人の論語

CIMG8940_copy

孔子が没したのは紀元前479年、波乱に満ちた74年の生涯でした。孔子の言行を書き綴った「論語」は、それから2500年にわたって人の生きる道を示した書として読み継がれています。時代の変遷とともにさまざまな解釈を生んでいますが、その普遍性こそ「論語」が永遠の古典であり続ける理由です。(論語紀行・第12話の紹介より)

CIMG8936_copy

講座は半年間12回も続き、岡山県・備前市の「閑谷学校論語ツアー」にも参加しました。国宝の講堂で正座して馴染み深い章句を朗誦したことは、メンバーの心の奥深く孔子の偉大さを刻んだことでしょう。講座では65章句を朗誦。自分の歩んだ道、これから歩む道と重ねながら、人生を語り合うことが出来ました。新しい絆も生まれました。

CIMG8937_copy

お互いに若くなった、元気になったと感想を述べながら、論語にめぐり合えた幸運を喜びました。論語の解釈は時代背景や、それぞれの暮らしで異なります。どんな条件でも生かせるのが嬉しいですね。12月の第二火曜日は特別講座。囲炉裏テーブルを囲んで午前クラス、午後クラスの合同昼食会を開催。どんな物語になるのか楽しみですね。

CIMG8939_copy

CIMG8933_copy