第一講座 三島清一さん

第12期「生涯学習・日本のしきたり」⑫-1 講師・三島清一 ~平成24年6月6日(水)~

「日本のしきたり」⑫-1

CIMG7865_copy

6月は珍しく祝祭日がありません。8月も同様ですがお盆休みがあります。一部には何とか休日をという動きもあるようですが、具体化はしていません。本日の担当講師・三島清一さんは御年○○歳だが、常に時代の先端を走っておられます。パワーポイントを駆使して6月の有名なお祭りを映像で紹介。解説とテキスト付きは初めての経験。

 

最初は昨年11月、ユネスコの世界無形文化遺産に登録された「壬生の花田植え」(6/3)。テキストにはなかったが、全国ニュースでもしばしば放映されました。1万5千人もの観光客が過疎の地へ押し寄せました。日本文化に欠かせない田植え作業を、素朴にかつ華やかに演じました。楽しめましたが、伝統を後世に伝えることは大事業ですね。

 

熱田神宮最大の祭典「熱田祭り」(6/5)は、「献灯まきわら」行事が圧巻でした。夕刻から各門で奉飾点灯します。提灯の中に蝋燭を灯し、円を描いて空中に上げ「まきわら」を作り上げるプロセスは、伝統芸に裏打ちされた荘厳な一大絵巻でした。墨染めの空に打ち上げられる花火は幻想的でした。三島さんの解説は楽しく、拍手喝さいを浴びました。

 

厳島神社の管弦祭は6月17日(旧暦)に行われますが、今年は是が非でも行きたいと思わせるほど見事でした。他にも「チャグチャグ馬コ」など、盛岡の初夏を代表するお祭りなども紹介されました。あっという間の90分でした。  (岡元美紀恵記)

 

CIMG7861_copy