第一講座 三島清一さん

第12期「生涯学習・日本のしきたり」⑫-3 講師・三島清一 ~平成24年8月1日(水)~

「日本のしきたり」⑫-3

CIMG8643_copy8月はお盆を中心に伝統の行事が多い。私もそうだが多くの人は深い意味を知らないまま、先祖を供養し手を合わせる。会社でもすべての人がお墓参りを中心にお盆休みのスケジュールを立てている。一族もこの機会に久し振りの顔合わせをする。8月の季語の多いこと。花もたくさん咲く。聞いてびっくり。猛暑の日が続くけど「立秋」はもうすぐ。

 

8月は全国的に有名なお祭りも多い。青森のねぶた祭り、秋田の竿燈まつり、仙台の七夕祭り、高知のよさこい祭り、徳島の阿波踊り、岐阜の郡上踊りなど。忘れてならないのは広島原爆の日、長崎原爆の日、終戦の日。68年になるが誰かが語り継いでいかないと、いつの間にか風化してしまいます。その意味でも8月は大切な月だと思います。

 

三島清一講師は「笑いヨガ」のインストラクターとしても発展途上人です。去る7月22~23日に市民交流プラザで開かれた「笑いヨガ全国大会」の実践発表ではトリとして登場。「地域活動における『笑いヨガ』の実践」は満場の拍手喝采で大人気でした。詳しくは「せいちゃん堂」で検索してください。三日間にわたって弾ける笑顔が満載です。

 

本日も当然のことながら『笑いヨガ』で締めくくり。笑いで汗をかくのも悪くありませんね。(岡元美紀恵記)