第一講座 三島清一さん

第13期「生涯学習・日本のしきたり」② ~平成24年10月3日(水)~

「日本のしきたり」②

本日の講座は「日本のしきたり・10月」。担当は三島清一常任講師。講師やメンバーの皆さんの接待なども仕事のうち。場に慣れること、皆さんと親しくなること、戸別訪問などの話材作り、学ぶ習慣を身に付ける、などが目的です。本日の参加者は13名と賑やかでした。あわてて椅子、お茶菓子を用意しました。10月は神嘗月、別名を神無月。

2012.10.3misima

 

神無月は全国の神様が出雲大社で総会を開催し、一年の出来事を話し合うそうです。出雲の国では神在月。ただし家を守る神様はお留守番、残ってきちんと役割をはたしているとか。10月はお祭りの月。全国各地では今も伝統的なお祭りが盛んです。その模様をパワーポインドで紹介する直前、パソコンの調子が整わず、映像を諦めていました。

 

2012.10.3misima1

 

そこへ別の講座の講師である半田和志さんが助け舟。見事に復活しました。お話だけでも迫力がありますが、映像で見ると違った魅力を覚えます。三島さんは「笑いヨガ」の先生もしておられます。締め括りに笑いの効用について解説。笑いは、①心身の病気を治す、②コミニュケーションツールとして有効。③病原菌の発症も押さえるそうです。

(山田智恵記)