第一講座 三島清一さん

第14期「生涯学習・日本のしきたり」⑦ ~平成26年1月8日(水)~

「日本のしきたり」⑦

昨日に続いて氷雨の降る寒い一日だったが、熟年の皆さんは元気いっぱいです。「講師は遅いの う」とブーイング。まだ開始の時間までには十分余裕があったが、久し振りなので三島講師の温顔にいっときも早く接したかったのだろう。やはり講師が入場す ると雰囲気がガラリと変わる。岡元塾頭の行き届いたあいさつがあってスタートした。

2014.1.8misima (1)

やや緊張気味の雰囲気と見たのか、三島講師より昨年のニュースについて質問があった。不意に 聞かれると咄嗟には出てこないものです。講師から「スポーツではと水を向けると…」、2020東京五輪決定、サンフレッチェのJリーグにおける劇的な逆転 優勝、田中政大投手の大記録、大リーグ移籍の話題など、次から次へと…。風穴を開ければ。

2014.1.8misima (6)

テキストはカラーで15㌻。日本人の生活に関わる神の道、稲作と関係が深い神道の教え、穢れ と清めの生活と神道、神道という言葉の由来など、概ね三分の一程度のところで時間が来てしまった。一語一語にていねいな解説をされるから時間が掛かる。そ の分だけ満足度は高い。「神道」という言葉は外来宗教である「仏法」に対抗して用いられた。

2014.1.8misima (7)

あっという間に予定の時間は過ぎてしまった。三島講師は「笑いヨガ」のインストラクターであ り、各地の公民館などで講座を開設し人気を博している。だから、締め括りは「笑いヨガ」をはずせない。全身を使って大きく背伸びをし、大きな口をあけて アッ八ッハッと笑う。やがて全身が熱くなり、寒さも吹っ飛んでしまう。参加者は大満足。

2014.1.8misima (3)