第一講座 三島清一さん

第15期「生涯学習・日本のしきたり」③ ~平成26年10月1日(水)~

「日本のしきたり」③

今回も三島講座は満席となりました。三島講師は講座のネタ集めに本屋めぐりをし、最近の注目されてる話題探しをするそうです。今回は「日本の祭り」を特集している雑誌を見つけ、10月の祭りのうち長崎の「長崎くんち」、京都の「時代祭」を紹介されました。キチンと動画に編集し、解説付きで披露されます。知らないまつりが目で確かめられます。

 

2014.10.1misima (4)

 

本日のメインは「遺言書の作成」⑥。遺言書には2種類あるそうです。一つは自筆遺言書で遺言者が自分で残す内容を決めるものです。もう一つは公正証書遺言書で遺言者の口述を公証人が筆記して残すものです。公正証書による遺言書は確実性があり、裁判所での手続きが免除されます。自筆遺言書の場合は勝手に開封することができません。罰金あり。

 

2014.10.1misima (6)

 

他にも書き方に心掛けなければならないことがたくさんあります。例えば相続人の名前の後に生年月日を入れる。遺言を書いた期日を10月末日なら有効だが、10月吉日は無効になる。知らないことばかりです。私はまだ先のことですが、受講される熟年の皆さんは終活活動中の人もあり学ぶ態度も真剣そのもの。詳しいことはテキストで確認してね。

 

2014.10.1misima (2)

 

恒例の笑いヨガは前回に続き「脳の活性化」を加味されました。前回と同じ動きは練習されたのか、動きがとてもスムースでした。中にはちょっぴり難儀される人も。少しレベルを上げるとまた一歩からです。いずれにしても反復練習あるのみと三島講師は強調しておられました。三島講座は元気になれるので皆さんはニコニコ顔でお楽しみ(大西由貴記)

 

2014.10.1misima (8)

 

2014.10.1misima (1)