第一講座 三島清一さん

第15期「生涯学習・日本のしきたり」④ ~平成26年11月5日(水)~

「日本のしきたり」④

第15期は特別講座で「遺族のための葬儀・相続・社会保証制度」であるが、つかみの話からしばしば脱線する。それを期待する人も多くクレームにはならない。本日は講座担当の大西さんが業務のため不参加、そのため代役で受講させてもらった。受講者は満席を超える11名(定員8名)で賑わった。講師の三島清一さんは奥様とのペア旅行大好き人間。

 

2014.11.5misima (7)

 

まず北海道最北端の旅を映像で紹介された。奥様とのツウショットが多く、楽しい旅を見せつけられた。一言で最北端というけれども、それもいろいろで人が歩いて行ける最北端と地面の最北端はかなり離れている。ツアーには滅多に組み込まれない利尻島や礼文島にも船で渡られた、北の国らしい珍しい風景の数々が紹介された。公共トイレの映像までも…。

 

2014.11.5misima (9)

 

さらに私用で名古屋に行かれた。帰りには京都に立ち寄り、秋の紅葉を楽しんだ映像まで紹介。詳しくはブログ「せいちゃん堂」にシリーズでアップしており、ぜひ楽しんで欲しいとPR。三島講師は5年前から一日も欠かさずアップ、人気ブログとして常に上位にランクされている。旅の話から本論に。中国新聞の特集「平穏死」(連載8回)シリーズから。

 

2014.11.5misima (1)

 

人間は誰もが「ピンピンコロリ」を望んでいるが、そう都合良くはいかない。最後は平穏に旅立ちたいと願っているが、日本の法律はそれを簡単に許してはくれない。医療は延命を第一にしている。三島講師は遺言をきちんと執行してもらうために「日本尊厳死協会」(年会費2千円)に加入している。締め括りはお待ちかね「笑いヨガ」で楽しんだ。(山田記)

 

2014.11.5misima (6)