こころ豊かに生きる・人生講座

第10期人生講座 「ニッポンに詳しくなろう」④ ~平成23年5月24日(火)~

「ニッポンに詳しくなろう」④

CIMG1160_copy

午前のクラスは河野さんが辞退され、急遽、講師役を半田和志さんにお願いした。テーマは「日本の指導者に求めること・田口佳史筆」が選ばれた。時節柄、日本国リーダーの菅直人に批判が集中するのではないかと思った。だが、半田さんの資料とリードにより、田口論を中心に学びあいが進んだ。和やかであったが本質論の展開で有意義だった。

日本の現状、指導者への批判(菅批判ではない)、国家リーダーへの提案、思想の移入歴史、①神道、②道教、③儒教、④仏教、⑤禅、まとめと続いた。「禅は経文に説かれるものではない。座禅による自己の心性こそが悟り」という意見もあった。また国家リーダーへの提案のうち、「教科として『伝統文化』とか『国学』を導入すべきと提案」。とあるが、そのうち『国学』とは何か、具体的に示して欲しいと要望。

CIMG1170_copy

午後のクラスは米今菊子さんの担当で「ものは考えよう・鈴木由紀筆」が取り上げられた。午後は珍しく定員8名のうち5名が熟年女性で、かよわき男性陣はたじたじ。米今さんは『田口佳史著・論語の一言』を読んで参加され三期目になる。資料は心温まる手書きで、パソコン全盛時代の昨今、手づくりの温かさが伝わる。なんとも賑やかな講座になった。

①祖母流、ものの考え方、②漢字に見るものの考え方、他に百歳の詩人・柴田トヨコ著「くじけないで」の朗読もあった。新しい人の参加は講座を活性化させる。

CIMG1162_copy
CIMG1166_copy