第一講座 三島清一さん

第15期「生涯学習・日本のしきたり」② ~平成26年9月3日(水)~

日本のしきたり」②

生涯学習は8月が夏休みでした。既に1ヶ月の生活サイクルが定着しているメンバーには、何となく物足りない1ヶ月だったのではないでしょうか。私個人の感想としては毎月第一水曜の「三島講座」は受講が嬉しいですね。お休みの月がないようによろしく願いします。こころなしか2ヶ月ぶりの再開で雰囲気が華やいでいるように感じました。

 

2014.9.3misima (1)

 

お休みの間に集中豪雨による未曾有の災害がありました。幸いメンバーのみなさんは被害が及ばなかったようでラッキーでした。三島講師は奥様と世界遺産に登録された「富岡製糸場」に前日まで旅されました。高齢なのにそのタフさには驚きました。写真でポイントを紹介されました。行きたくなりました。明治5年に誕生し日本の文化に驚きました。

 

2014.9.3misima (4)

 

本日の講義は「遺族のための葬儀・相続、社会保障制度の中から『介護保険』について教わりました。介護保険は身体の状態により7段階に区分されています。審査委員がどの区分になるか厳重にチェックします。はじめて『成年後後見制度』を学びました。身寄りのない人の救済措置ということですが、その仕事は多岐にわたります。勉強して役立たせます。

 

2014.9.3misima (2)

 

最後はいつもの通り笑いヨガです。回を重ねるごとに進化し、左右が違う運動は慣れないと苦労します。でも心身ともに爽快になるのでメンバーのみなさんは待ち遠しく思っておられるようです。次回は遺言書の書き方です。財産のある方は遺族がもめないようにする責任があります。いくつになっても勉強は若返りの妙薬ですね。(大西由貴記)