生涯学習・プラスワンステージ

第15期「生涯学習・日本のことば」② ~平成26年9月10日(水)~

「日本のことば」②

第15期の第2回は半期に一度の屋外授業に参加した。教室は〝二葉の里界隈〟で通常『七福神巡り』の散歩道として人気の高い自然のうち。目的地は広島駅付近にあり駐車の困難が予測され、公共交通機関を利用してたどり着いた。参加者は15名でメンバーが全員顔を揃えた。最初の訪問先は〝にぎつ神社〟。旧名は〝明星院山〟と称された。

 

2014.9.10irikawa (9)

 

向唐門をくぐって拝殿にお参りしたが、不思議なことに門に正対していない。入川講師の説明によると広島城に向いている由。本殿に昇殿するには珍しい三つの並んだ階段があった。拝殿の左には「浅野長勲公」の建徳碑。わが国の最後のお殿様。門から出たところに連理木があり「欅」+「榎」の二本が一つになり今も成長している。珍しい。

 

2014.9.10irikawa (8)

 

2014.9.10irikawa (5)

 

続いて〝明星院〟へ。〝迎え地蔵〟〝送り地蔵〟など可愛いお地蔵さんが並んでいた。次にお参りしたのは〝鶴羽神社〟。結婚式場としても著名である。さすがに庭の手入れが行き届いていた。ここまでは200㍍ほどで次の参拝所に到着したが、〝広島東照宮〟〝尾長天満宮〟まで700㍍あり高齢者の多いメンバーには厳しかった。更に階段52段。

 

2014.9.10irikawa (2)

 

2014.9.10irikawa (6)

 

それにしても皆さんの元気なこと。入川講師の神社、碑、樹木などの解説を聞き、疲れもどこかへ飛んで楽しかった。七福神巡りのうち〝国前寺〟と〝聖小寺〟には行けなかった。巡るだけでは表面的なことしか分からないが、解説が加わると楽しさが深まると思う。この暑さに負けずよくぞ歩かれたと拍手を贈りたい。入川講師に大感謝。(山田記)

 

2014.9.10irikawa (3)

 

2014.9.10irikawa (4)