こころ豊かに生きる・人生講座

第19期人生講座「日本・街道の旅」① ~平成28年8月23日(火)~

「日本・街道の旅」①-午前クラス  

これまで「ジャパニスト」をテキストにして講座を勧めたが今回からDVDから学ぶことになった。タイトルは「日本・街道の旅」。東北や北海道から九州まで江戸時代の街道が中心となる。慣れないことだから違和感があるかもしれないが、回を重ねれば新しい学びが得られると確信している。リーダーの役割はないから気楽だと思うがだれないようにしたい。

 

     2016.8.23jisnei (6)

 

本日の街道は江戸・日本橋から北に向かい、奥州を縦断して三廚に至る奥州街道。盛岡から辰子姫伝説の伝わる田沢湖を経て角館に至る秋田・角館街道。北海道の南部を松前から津軽海峡沿いに函館へと至る松前海道。藤原三代の栄華を留める中尊寺金色堂、雪の十和田湖など北の名勝が続く。旧街道を中心に映像は日本の街道の歴史を語り継いでくれる。

 

2016.8.23jisnei (5)

 

本日の参加メンバーは欠席の松本さんを除く9名だが、60分の上映時間はやや長いか。青森には日本唯一の階段国道339号線がある。現在は新しい道路がついているが、歴史の跡は当時の暮らしをしのばせてくれる。北海道の松前海道は95㌔だが、いまでは新幹線も開通しており、もう一度函館までいきレンタカーで津軽海峡を楽しみたい。果たして実現?

 

2016.8.23jisnei (1)

 

上映を終えて参加者に旅の思い出など語ってもらった。驚いたことに男性の旅はほぼゼロに近いが、女性はよく旅をしておられる。若い時よりも熟年になってからの旅が多いように見受けた。その分だけ話題も豊富である。広島から考えれば東北は縁遠い地域であるが、何度も旅行されている体験から最近の暮らしの充実ぶりがうかがえる。皆さん元気だ。

 

次回は関東の街道で日光街道、甲州街道、水戸街道、陸前浜街道を案内する。奥州街道は陸の中心であるが、日光街道は太平洋を楽しみながらの旅となる。

 

2016.8.23jisnei (4)

 

「日本・街道の旅」①-午後クラス

本日の午後講座は午前と同様に「日本・街道の旅」を楽しむことになった。DVDの内容は午前クラスと同じだから午前のリポートを参考にしてもらいたい。藤原三代の栄華の名残は中尊寺の金色堂、毛越寺など観光したとき、鮮やかに焼き付いている。鎌倉時代以前の建物がよくも保存されていたものだ。特に金色堂などは栄華の象徴として思い出に残る。

 

2016.8.23jisnei (2)

 

十和田湖が男性陣で話題になった。耀嗣さんが十和田湖を楽しんだのは36年前、道章さんは20年前。観光した時代で施設も景色も大きく変わる。耀嗣さんのときは木造の観光船だった。DVDでも紹介されたが、大きな湖にぽつんと浮かぶ小さな船は頼りなさそうだった。道章さんのときは大きな観光船に変わっていた。観光客は途絶えずに増えているか。

 

2016.8.23jisnei (3)

 

恒子さんは東北に縁がなかった。栄子さんは東北三大祭りが印象に残っているとのお話。弘子さんは福島や仙台、それに函館は何度も行ったが、それ以外は縁がなかった。実さんは働く時代にはどこにも行っていない。特に東北は縁がない。

 

■本日の五七五

 妻が問う 柔道だね レスリング         不純斎

 早いのは 陸は褐色 水は白

 金の価値 ジンクス挑んだ リオ沙保里

 傘閉じて 見上げれば早や 鰯雲          弘子

 地震あり 選挙もありて 夏終り          恒子

 下り坂 なればと期待 この暑さ           実

 おっかけっこ 水やり収穫 ナスキュウリ

 手向ける香 竹馬の友の 三回忌          道章

 猛暑日に 講座へ戻り 自分探し

 世界一 至高への道 汗流し

 雨降るに 雀の群れや 線に舞う          伸雄