生涯学習・プラスワンステージ

第21期「生涯学習・広島学(77)」②  ~平成29年12月27日(水)

「生涯学習・広島学(77)」②呉海軍工廠の巻

岡元美紀恵記

半田講師はWindows10を新規購入するため、マニュアル本(1800円)を購入し事前勉強に余念がありません。購入後パソコンの調子が悪くサポートへ連絡すると「Windows8です」との回答に身体の力が抜け落ちたとのこと。うっかりミスに後悔しきり。今月の情報も映像と新聞の切抜きなどから抜粋。インドからの美人留学生は、人懐っこい女性との事。

 

 

 

日本人より日本語がきれい。縮景園でボランティアを頼んで散策。インドの学生より半田講師の方が感心するばかり。そうだったのかと感激。観光地にはガイドボランティアが必ず常駐しています。案内して貰うと知らないことが分かり、心が豊かになるそうです。広島県で初めて首相になった加藤友三郎碑の除幕式、12月14日のふたご座流星群を見て感激。

 

 

加藤友三郎碑

西条酒造施設群が「20世紀遺産20選」に選ばれたことなど本日の話題は40を超えるほど豊富でした。本日のお勉強は「呉海軍工廠」。本日のテキスト&資料は11㌻。広島県呉市にあった海軍工廠。戦艦「大和」の建造で有名だが、終戦と同時に解散。現在は大型民間船舶の建造を行っている。工廠は明治36年に誕生、東洋一の設備と人員を誇り巨大だった。

 

 

 

日本海軍の軍艦建造の中心地であったが、昭和20年3月19日、7月24日、28日に爆撃され壊滅した。沖縄を除く本土唯一の本格的戦闘であった。なお7月1日には呉市街地への空襲もあり、多くの市民が亡くなった。工業規格(Jis)と標準化技術は呉工廠で開発。アニメ映画「この世界の片隅に」は呉市が舞台で撮影され、今も世界中で上映されて大人気です。