俳句歳時記

俳句歳時記 2月俳句歳時記 令和2年2月22日

2月俳句歳時記

まだ生きろと春一番が引っ叩く      雅幸

 

草炎俳句会  藤兼 雅幸先生の講評 

特選

天 大寒や長湯の夫に声かける      輝子

今日は寒い、普段は烏の行水なのにいつもより長い、「大丈夫?生きてんの?」気さくな夫婦のやりとり、何気ない普通の暮らしの中のワンショット。詩心と優しさがこの景を切り取った、平明ないい句はこうして生まれる。

 

地 好きなだけお持ち下され大根引    日出美
 

何とも楽しい句です。今年は特に暖冬で大根が豊作とか、通りすがりかもしれない、「欲しいだけ持って行きんしゃい」市に出してもお金にならない、畑の農家さんのやけくそみたいな声も聞こえる。作者は何本貰ったのだろう。

 
人 夜廻りの声合わぬまま終るなり    勝子
 

「火の用心マッチ一本火事の元」今はこんなことは言わないだろうが、二人一組で町内の夜廻り、気の合わない人と組になることも、そんなことも想像させてくれる。中七が絶妙だ。

 
 

入選

美容師の魔法にかかる春隣         美紀恵

少し短めにとか、いつもと違うヘアスタイルを勧められたのかもしれない。「いいよお任せ!」と委ねる。鏡のさっぱりとした仕上がりを見て「そうか、もう春だよね」と納得した。ショッピングセンターでも回って帰えろうかの気分、そして「また衝動買いをしてしまった」と、作者の休日の一日が浮かびます、これも季語をフル活用した楽しい句。

 

空き缶を蹴散らす男の子枯野道      栄子

計算された巧さの見える句。『蹴散らす』の誇張とあまり使わない季語の斡旋といい、まさにそつのない句、不貞腐れた反抗期の男の子がくっきり見えますね。

 

友からの大きな声の初電話        博子

「お・め・で・とー」日頃でもそうなのに殊更にでかい声。一層新年を感じさせてくれ、いつも元気をもらう明るい友達だ。友への感謝の気持ちが背景にある、中七は愛情表現だ。

 

微睡の覚めて独りや春炬燵        恒子

ついうとうとと無精にしてしまう炬燵。春炬燵はなおさら、そんなに寒くない日は電気を切ったままでも入ってたり。「すっかり怠け者になっちゃった、でも誰にも怒られるわけじゃないしいいよね」と作者はぺろっと舌を出してるかもしれない。と、楽しく解釈したい。

 

初場所や賜杯に抱く亡き恩師       昌子

幕尻の優勝、感動的でした。こういう時事句はとかく川柳っぽくなりがちで難しいのですが、要点を的確に無駄なく捉えそつなく出来上がってます。

 

 

入選句総評

今回の特選三句、日々の何気ない暮らしの中の一コマを「まてよ!」と見逃さなかった。作るというよりどれも“切り取り”の才能が光った作品です。入選五句は巧さが目につくもので、何れも俳句の楽しさを改めて感じるものでした。今回は申し分のないいい作品が多くて悩まされました。まさにうれしい悲鳴。これからも、詩心のレンズを曇らせないよう「箸が転げても可笑しい年寄り」を互いに維持してまいりましょう。