大西由貴のおもてなし

大西由貴のもてなし①「台所のはなし」 平成25年10月1日

①「台所のはなし」

多少無理だと思ったが大西社員が担当している「矢口が丘」から受講者をお願いした。定員8名のところ6名が参加された。構成としては不満足だが、入社半年の戸別訪問成果としてはまずまずと言うところ。活動の方向性、お客様との距離、C客獲得の目安も付いたのではないか。机上の学習も大切だが、実践で得た体験はストレートに役立つ。

 

2013.10.1oonisi  (5)

 

新人育成計画が会社として明確でない以上、研修で成果を上げるしかない。募集活動の工夫、目標達成のプロセスなど戸別訪問には目標値とシステムが欠かせない。これらは研修の一貫として取り組みたい。初対面のお客様ばかりだから多少ぎこちなさはあったが、生涯学習の常任講師である半田和志さんのおかげで講座の雰囲気はよくなった。

 

2013.10.1oonisi  1

 

第1回のテーマは「台所のはなし」。①家庭は主婦を軸に回る。②台所のルーツを探る。③台所の起源と語源。④火と水の大転換に見る。⑤オール電化の時代。五つの分野に分解した。踏み込みは浅かったが、それなりに知的好奇心は満足されたのではないか。日本の素晴らしさを実感しながら先人の知恵の跡を辿りたい。まずは良かったと自負し。

 

2013.10.1oonisi  (3)

 

茶話会も本田綾子さんの作品を鑑賞しながら、和やかに進められた。オフィスのサロン化を目指しているが、ここに新しいコミュニティが生まれると、営業の手法も変わるのではないか。第一火曜日と第三火曜日はもう一クラス開催か可能。高齢化社会における活性化に役立ては幸いである。このイベントから新しい商法が誕生すること期待する。