山田智恵のおもてなし

山田智恵のもてなし⑬「台所のはなし」 平成26年11月18日

⑬「台所のはなし」

「住まいの物語」12回まで続いたが、残念ながら参加者が少なく頓挫してしまった。7月の⑫「窓のはなし」から4ヶ月もお休みした。捲土重来、久しぶり開いた講座だったが、参加者は3名と少なかった。もともと90歳トリオと若手とでは雰囲気が噛み合わないから、若手が続かないという理由で一から出直すことになった。難しいものだ。

 

2014.11.18yamada (2)

 

参加者のうちの一人渡さんは93歳になられる。杖を突きながらではあるが三階まで自力で上がられる。少し足が悪いと聞くが、頭もボケていない。高齢者のモデルといっていいほどの強い女性だ。私にとっても16年後に渡さんほどの元気があれば、人生は悪くないと思う。話は合わないかもしれないが、自力で階段を上がれる間はぜひ続けてほしいものだ。

 

2014.11.18yamada (1)

 

講座は健康物語から入った。『一日一食は20歳若返り魔法』と題して実践を踏まえての話しさせてもらった。本論に入り住まいの物語①「台所のはなし」は台所の起源、火と水の歴史的変化、女性の家事労働の過酷さ、キッチンの未来について話した。一生懸命つとめたが、どの程度伝わったか、定かではない。やはり最低でも5名は欲しい。今後の努力を待つ。

 

2014.11.18yamada (3)

 

「小粋なギャラリー」で茶話会をしてもらったが、出品作品の感想などはどうだったろうか。フル活用して欲しいもの。

 

2014.11.18yamada (4)

山田智恵のもてなし⑫「窓のはなし」 平成26年7月15日

⑫「窓のはなし」

「住まいの物語」も12回目になった。相変わらず参加者の数は伸びないが、山田社員のお客様限定だから仕方がないか。評価はまちまちだが、まずは繁盛よりも続ける事が第一。続けていればやがて繁盛するようになる。担当者の意欲がなければ続かないし、お客様との距離は縮まらない。それにしても平均年齢90歳トリオの熱心さに頭が下がる。

 

2014.7.15yamada (1)

 

本日は「窓のはなし」。〝北窓けふ開きたり友を待つ〟という句がある。季語は「北窓開く」で早春に属するとされる。冬の間、北側の窓を閉じていたのが、春になり北窓を開け放して穏やかな春の風を招じ入れることができるようになった喜びを表している。冬季は北窓を閉ざし、寒気を含んだ風が入るのを防いだのである。今は〝北窓〟は馴染まない。

 

2014.7.15yamada (2)

 

植物は南を向いて生育するので北側に窓を配した方が、それらの姿がよく見られるからだ。樹木や花を植えた庭は北側に作るのがよいとされる。今では庭は南側が当たり前とされており、かつての優雅な暮らしは見られない。日本の住まいにおける開口の方位は、古来さまざまな配慮や工夫が加えられてきた。日本語の「窓」は「間戸」「間処」からきている。

 

2014.7.15yamada (3)

 

「夏は北戸の竹あり、清風颯然たり」「秋は西窓の月ありて、書を開くべし」「冬は南軒の日ありて、背を炙るべし」。本日は少し難しいところがあったが、難しいことをやさしく伝えるのも大切なこと。本論が半分、健康談義が半分だったが、それなりに楽しんでもらった。健康法の一つとして「早起きして全身に日の出を浴びる」生活リズムの大切さを勧めた。

 

山田智恵のもてなし⑪「門のはなし」 平成26年6月17日

⑪「門のはなし」

2か月ぶりになるが超高齢グループが元気に参加してくれてありがたい。今回のテキストは文字が多く写真も小さかったので気の毒だった。先日の100㌔ウォークのDVDの試作品が出来ていたのでそれを見ながら歩くことの大切さを話した。講座の参加者の年齢に応じて「住まいの物語」の本筋とは離れるが、その都度臨機応変に変えている。

 

2014.6.17yamada (2)

 

最高齢の渡さんは93歳だが杖を突いて3回まで上がってこられる。それだけでも凄いことだ。その他の人もすべて80歳台で1名だけ若い人がおられたが、広い心で高齢者のはなしは勉強になると理解してもらっていた。近所のはなし、お友達のはなし、医者通いのはなしなど取り留めもないが、それでも500円の受講料を払ってきてくださる。

 

2014.6.17yamada (4)

 

健康のはなしに関連して「老人の五省」の大切さを伝えた。

 ①姿勢に曲がるなかりしか。姿勢を良くする。

 ②言語にもつれなかりしか。滑舌を良くする。

 ③栄養に欠くるなかりしか。栄養バランスを良くする。

 ④歩行に憾みなかりしか。 歩く習慣を持つ。

 ⑤頑固に亘るなかりしか。 穏やかにし若者に嫌われない。

 

2014.6.17yamada (3)

 

ついでながら百寿者社会の到来について数字を交えた解説をした。統計を取り始めた1963年の百寿者は158人に過ぎなかったが、現在(2014/3)では7万5千人を超え500倍に達している。そのうち自立している百寿者は20㌫を超える。自立とは食事、入浴、排泄、身だしなみ、買い物ができる健常者のことを指す。いずれにしても健康第一。

 

2014.6.17yamada (5)

山田智恵のもてなし⑩「土壁のはなし②」 平成26年4月15日

⑩「土壁のはなし②」

①外に出る、②人に会う、③人と話をする、④少し学ぶなど4項目を高齢者には勧めている。なんとしても高齢者に溌剌としてもらわなくては、地域の活性化は得られないのではないか。その意味でも講座は、最大限に活用したいと思っている。本日は「土壁のはなし②」としてテキストを作成した。学ぶという見方から高齢者には難解だと思う。

2014.4.15yamada (3)

レギュラー5名と新メンバー1名の6名。テキストは①漆喰白壁の始まり、②高松塚の漆喰壁、③土蔵の始まり、④城郭と壁、⑤壁の技術革新、⑥日本壁は消える? 以上の6章。土壁の講義に入る前に、日本では独り暮らしの高齢者が増えているが、暮らしの不安をどのように解消するか、質問してみた。現実には子ども頼み、施設頼みだが、不安は消えない。

2014.4.15yamada (1)

高齢世帯(世帯主が65歳以上)に占める単独世帯の割合は、2035年には30%を超え、40%を超える都道府県が9県もある。だからと言って高齢の当事者に訊いても、正答が得られるはずもない。健康であるときに今後どうするか考えて欲しいと思っている。高陽地区でも3,000世帯を超え、今の1,5倍になる。共同生活をするのか、助け合うのか。

2014.4.15yamada (2)

白壁の城郭として人気があるのは姫路城。現実の問題として歴史の跡をたどるのは無理だろうが、先人の歩んだ住宅文化の足跡をたどってほしい。どうやって興味を持ってもらうかは難しいところ。高齢で不自由な身体でありながら、杖を使って3階まで上がり、研修や交流を楽しまれる姿は高く評価したい。テキストを復習して興味を持たれると嬉しい。

山田智恵のもてなし⑨「土壁のはなし」 平成26年3月18日

⑨「土壁のはなし」

2月は参加者の都合で「山田智恵のもてなし」は休講になった。今月を期待したが、残 念ながら4名と参加者は少ない。先週土曜日の「住まいの物語」はレギュラーにゲストが加わったから、補助椅子を出すほどの賑わいだった。参加型の講座だか ら人数が多すぎるのも困るが、少なすぎるのも進め方が難しい。何とか参加してよかったが欲しい。

 

山田智恵のもてなし⑨

 

本日のテーマは「土壁のはなし」。テキストは①日本建築の素晴らしさ、②土が果たし た役割、③壁の始まり、④壁の持つ意味、⑤土と木の建築文化、以上5章でまとめたが、参加者には少し難しかったかもしれない。参加者が高齢だけにできるだ けゆっくり、できるだけ平易な語り口でまとめたが、残念ながら反応は十分でなかった。無理もない。

 

山田智恵のもてなし⑨

 

80歳を超えれば何かを学ぼうという意欲は急激に薄れる。熟年者が混じるとお互いに 刺激し合い独特の雰囲気を醸し出す。つかみとして、アルツハイマーの妻に対する思いやり、消費税アップへの対処、先日経験した震度5の地震にどう対応した か、などを問いかけ参加の考え方を求めた。消費税アップの駆け込みには否定的。もうものは要らない。

 

山田智恵のもてなし⑨

 

時折テキストに沿って進めた。頷いてくれるものの反応は予想どおり鈍い。途中から健 康管理について、経験を通して努力と習慣の違いを伝えた。誰しも健康でありたいと願っているが、いざ実行となると本能的な欲望が勝ってしまう。このあたり のせめぎ合いが人生というものか。いくつになってもどう生きるかが問われる。次回はせめて定員で。

山田智恵のもてなし⑧「座敷のはなし」 平成26年1月21日

⑧「座敷のはなし」

独自に講座の責任を持つのは簡単ではない。何よりも信頼してくれるお客さまの数がどれだけあるかで決まる。ここでは会社のネームバリューはほとんど役に立たない。担当者の日頃の努力がカタチになって見える。頑張りが正しければ集客となって報われる。どんなに頑張っても信頼されていないと足を運んではもらえない。4→6→7と復活。

 

山田智恵のもてなし⑧

 

本日のテーマは「座敷のはなし」。テキストはい座敷の由来、②歴史上の座敷、③建築家・小堀遠州の数奇屋、④百姓に座敷は不要、⑤日本住宅の素晴らしさ、⑥されど座敷にまとめた。本題に入る前に今年の抱負について話してもらった。大半が超熟年者のせいか健康第一を掲げる人が多かった。ほかに野菜作り、ウォーキング、お菓子づくりなど。

 

山田智恵のもてなし⑧

 

座敷の解説は予想外に難しく、歴史や遠州の数奇屋づくりの反応は薄かった。解説した二条城などの武家屋敷の本格的な座敷についても、観光ツアーで知っているがディテールについては関心がなかったようだ。高齢者の観光ツアーだから求めるのが無理か。四間取りの農家でも接客空間としても座敷が、家族の生活空間を圧迫したことは理解。

 

山田智恵のもてなし⑧

 

農家の間取りについては標準的なものを図示したが、経験上で理解してもらえた。テキストで学ぶよりも、ともかく出かけて人に会う、話し合う、笑うなどに目的があるようでそれなりに希望が叶えられているようだ。

 

山田智恵のもてなし⑧

山田智恵のもてなし⑦「畳のはなし」 平成25年12月17日

⑦「畳のはなし」

先月は4名だったが、今日は6名の講座になった。山田さんの頑張りがさっそくカタチ になった。あいさつもご機嫌で松江の気候を紹介し、参加者の健康を気遣うほどの行き届きよう。そのあおりでおとなしい参加者のお茶を失念する一幕もあっ た。着座も面白い。超高齢者3人組は肩を寄せ合うように窓側に座り、対面に若いグループが陣取る。

 

山田智恵のもてなし⑦

 

本日のテーマは『畳のはなし』。テキストは、①畳の語源、②オリンピックの柔道畳、 ③広島産の備後表が最上品。④畳は権力の象徴。⑤四畳半茶室のはじまり。⑥和室のリフォームでまとめた。最近の一般建築は新築のときから畳の部屋が少な い。当然の事ながら畳の需要は減っている。リフォームでも同じ。和室から洋室への改装が多い

 

山田智恵のもてなし⑦

 

平安時代の畳は権力の象徴として厳密な用い方が定められていた。身分の高い人ほど座 る畳が大きく、さらに厚さも際立っていた。更にその上に敷き添える。畳縁にも厳しい規定があり、天皇、親王や大臣、公家、高僧、役僧、僧侶と身分、位階に よって定められ権力の象徴だった。町屋には江戸中期以降、農村に畳が普及し始めたのは明治時代。

 

山田智恵のもてなし⑦

 

日本人の生活の知恵や、それを支える精神は、すべて四畳半の畳から生まれているそう だ。便利さが優先され、暮らしの原点が消えつつある。そこから精神の荒廃が始まっているような気がしてならない。あらためて畳のある暮らしの穏やかさを見 直して欲しいと願っている。和室でなくとも畳は使える。新しい提案が生まれてもよいのではないか。

山田智恵のもてなし⑦

山田智恵のもてなし⑥「建具のはなし」 平成25年11月19日

⑥「建具のはなし」

「建具のはなし」のテキストは、①懐かしい雨戸の繰り音、②建具の歴史をひもとく、 ③絵巻物や文献から推測、④建具にも防火の工夫、⑤専門職と賃金、⑥文化と電灯が消える、の6章にまとめた。参加者は超高齢者が3名、小学生の母親が1 名、いずれも女性である。遅刻者があり開始が15分遅れた。その間に病気や呆けの話になってしまった。

 

山田智恵のもてなし⑥

 

戦国時代、織田信長に京へ招かれた徳川家康が雨戸の繰り音にびっくりし、戦備えをし たという逸話が残っている。浜松には雨戸がなかったと推察される。その事実を浜松から嫁いできた参加者が証明してくれた。雨戸は知らないという。徳川家康 が支配していた三河の国は、気候が温暖で平和な国であったのか。雨戸は必要なかったと推察される。

 山田智恵のもてなし⑥

 

 

長保2年(1000)の造東寺の修繕項目に職人の賃金が米で支払われたと記録が残っ ている。建具の普及で建具職人は重宝され、腕のいい職人の日当は高かった。米九升と評価され左官職に大きな差をつけていた。しかも建具によって分類され、 戸障子大工、戸大工、指物屋などに分類されていた。ちなみに役夫(人夫)の日当は、米二升五合であった。

 

山田智恵のもてなし⑥

 

呆けずに長生きするには、①引き篭もらない、②外に出て人に会う、③話をする、④勉 強する、⑤陰徳を積む、などとアドバイスした。何回も話しているように思う。それにしても91歳で杖を頼りに3階まで上がって500円を払って講座に参加 する。その意欲は尊敬に値する。生き方のモデルになり得る。初参加の若い主婦はどう感じたか。

山田智恵のもてなし⑤「和瓦のはなし」 平成25年10月15日

⑤「和瓦のはなし」

住まいの物語⑤は「和瓦のはなし」。第三火曜クラスは高齢者が多いだけに、3階まで階段を昇り切るのは簡単ではない。「高齢者にとって階段を昇るのは必須 の運動ですよ」と冷やかしながら出迎える。広島カープのC・Sシリーズのファイナルステージ進出に話が弾む。「体育の日」の日に因んで高齢者の体力がパ ワーアップしているニュースに及ぶ。

 

山田智恵のもてなし⑤「

 

「和瓦のはなし」は、①和瓦のルーツをたどる、②木と紙と土の家、③甍の波は郷愁か、④人材育成が商売繁盛の決め手、⑤錫門の瓦葺、以上の五つのテーマに 添って進めた。いつものように横道に逸れっ放し。それでも日本の瓦は朝鮮から伝わったこと、法隆寺が1300年の時を経て健在なのは瓦のお陰であることな ど、瓦のルーツをたどった。

 

山田智恵のもてなし⑤「

 

元々広島地方は石州瓦が屋根材の主役だったが、近年になって他の屋根材に押されて低落傾向にあること。日本の家には「甍の波は雲の波…」の唱歌のとおり瓦 が似合うことなど持論を述べた。他の産地の三州瓦、淡路瓦の特徴など興味深かったようだ。何歳になっても学ぶという心掛けは、老いていく脳にとってもよい 刺激になる。熱心は嬉しい。

 

山田智恵のもてなし⑤「

 

初参加のⅠさんは6年前に雲膜下出血で倒れたが、幸運にも命を取りとめられた。いまもリハビリ中とのことだが、それとは分からないほど色艶も挙措も若々し い。「たくさんのものを失うと小さな幸せがいっぱいやってくる」と夫婦愛も披瀝。講座には無理やり誘われたが来てよかった、外に出る、人に会う、話をする 大切さも付け加えられた。

山田智恵のもてなし④「便所のはなし」 平成25年9月17日

④「便所のはなし」

山田智恵の主宰による「住まいの物語」であるが、今回が4回めになる。レギュラーの 欠席が2名で席空きになったが、講座の雰囲気としては8名の定員が望ましい。主催者としては常に10名は動員できる準備が欲しい。椅子が空いているとどう しても違和感が生じる。本日は「トイレのはなし」。テキストは永田さんの編集だが、バランスが良い。

 

山田智恵のもてなし④

 

①厠の由来、②何事も水に流して、③国宝指定の便所、④糞尿の社会貢献、⑤洋風水洗 便所の普及、⑥便所からトイレに。6項目に分けて薀蓄を傾ける。「住まいのはなし」と銘打っているのでそこそこに楽しく進められる。何かを学んでもらうと いうより、楽しいひとときを過ごしてもらえるよう気を配っている。高齢者たちが足を運ぶのは嬉しい。

 

山田智恵のもてなし④

 

具体的なやり取りにはならないが、時々脱線をする流れを元に戻すにはコツがいる。幸 い明るい人が多く。雰囲気は悪くない。担当の山田智恵のもてなしは悪くない。講座は一手段に過ぎないが、言葉では伝えきれない体験で新人の得るところは大 きい。新人教育は体験を通して教える方が近道かも知れない。10回シリーズを予定している。

 

山田智恵のもてなし④

山田智恵のもてなし④

 

茶話会のサロンも盛り上がっているようだ。好奇心旺盛な年代だけに、それぞれの受け 止め方に楽しみがあるようだ。講座のテーマよりも集って話し合う雰囲気だが、やがて知的好奇心を刺激しながら、住まいと暮らし対する関心を高めたい。歩く ことが辛い年代だが、嬉々として3階まで上がってくる。やがて山田社員の営業力アップにつながる。

 

山田智恵のもてなし④

山田智恵のもてなし④

山田智恵のもてなし③「床の間のはなし」

③「床の間のはなし」

相変わらず猛暑日が続いていますが、8月の「山田智恵のもてなし・住まいの物語」は予定通り開かれました。8名のメンバーのうち参加者は5名、不幸あり、旅ありなどで3名欠席。高齢者は相変わらず3階まで自分の足で上がるなど元気いっぱいです。本日の物語は「床の間の物語」。最近の住まいは「床の間」が軽視される傾向にあります。

2013.8.20yamada5

テキストは、①日本の家に似合う床の間、②床の間のルーツ、③床の間の諸説、④床の間の形式、⑤床の間の行方の五章節で構成しました。思い出話や床の間の個人の思い入れなどから、話はとんでもない方向に飛び火します。集って自分の話を聞いてもらうことも目的の一つなので、手綱はうんと長くして自由に発言してもらっています。

超高齢者の勉強会ですから、勉強よりもおしゃべりに重点が置かれるのも無理からぬこと。ともかく自由に話し要点だけはきっちり締める進め方をしています。談論風発、止まるところを知らずの雰囲気です。少し時間を早めて特別バージョン。映像を見ながら「歌」の時間を設け、全員が合唱する時間を共有。全部で五曲。喜ばれたようです。

2013.8.20yamada

2013.8.20yamada1

2013.8.20yamada2

今月のギャラリーは花田艶子さんの「手書き友禅」。88歳の手になるとは思えないほどの繊細さと優雅さにあふれた作品16点。担当の山田智恵と新人の大西由貴が茶話会の相手役を務めました。大賑わい。こうしたところから実践で会話の経験を積むことが役に立ちます。若手には何事も経験です。お客様は堪能してお開きになりました。

2013.8.20yamada3

2013.8.20yamada4

山田智恵のもてなし②「風呂のはなし」

②「風呂のはなし」

オフィスのサロン化は時代の先端を行く試みであり、そこから生まれるコミュニティは新しい受注の柱となる。そう信じて講座活動をスタートして5年目に入った。その輪をさらに広げたいと願い山田智恵社員に「山田智恵のもてなし」と銘打って「住まいの物語」を開いた。日頃の地域活動のレベルの高さを証明するように山田顧客が集った。

2023.7.16yamada

何事もスタートするのはさほど難しくない。続けてこそ価値が生まれる。正直言って高齢のメンバーが、続けて受講してくれるとは思わなかった。ところが新メンバーを加えて定員8名が確定との報告。1名の欠席はあったが、7名の参加を得て楽しいひとときになった。これからメンバーの継続参加は「水先案内人」の責任の範疇になる。

2023.7.16yamada1

1回目は「台所のはなし」。今回は「風呂のはなし」。若いときの思い出が鮮やかに蘇ったのか、それぞれが饒舌に語った。どんな苦労も時が経過すれば、すべてが楽しい昔話になる。「明(かるく)・元(気)・素(直)」な言葉で語られると、脳内コンピューターは生き生きと動き始める。そうなると元気いっぱいの高齢者が誕生する。講座の効果。

2023.7.16yamada2

水先案内人としては共通の話題を提供する責任がある。はなしに参加することにより、メンバーの連帯感が強くなりリピートに変わる。そのことが継続の基礎となる。やがて顧客と山田智恵社員の距離が縮まる。そのことは必ず商売の絆に変わるはずだ。今回の「山田智恵のもてなし」の試みが新しいビジネスのスターになるよう期待している。

2023.7.16yamada3

山田智恵のもてなし①「台所のはなし」

①「台所のはなし」

マルコシの「もてなし」を地域の皆さんに伝えるため、新しい潮流づくりにサロン化をスタートさせて半年が過ぎた。「小粋なギャラリー」は予想以上に好評のうちに推移しており、セットにした「住まいの物語&茶話会」も満席が続いている。「人生講座」や「生涯学習」とは雰囲気が異なる。6ヵ月続けて満席は、岡元専務の力添えが大きい。

2013.6.18yamada

サロン化をさらに進化させるため、山田智恵社員のC客囲い込みを兼ねて「住まいの物語」の講座を勧めた。山田社員は呼応し、第一回の「台所のはなし」開催となった。次へ続くかどうかは山田社員の意志次第である。7名の参加を得てスタートした。予想を超えて元気溌剌とした高齢者が多く、他の講座とは雰囲気も語られる話題も違う。

2013.6.18yamada1

参加者の年齢層からしてビジネスには不向きだが、地域の活性化には一役果たせそうだ。それには山田社員の飾り気のない明るい人柄が役に立っている。7名の参加者は同じ地域であっても面識は少ない。講座を仲立ちとしたご縁は新しいビジネスのかたちになる。講座への誘い、講座のご縁、アフタフォローは、戸別訪問活動の一層の充実を図る。

2013.6.18yamada2

同時に仕事に対する楽しさが変化する。直接の効果は少ないが、ビジネスを超えた好感度アップは大きいのではないかと思う。いずれにしても「山田智恵のもてなし」はスタートした。他地区の担当者にも波及すればこの上はない。次回は7月16日を予定している。新しいラインとして成功させて欲しいと願っている。参加者の口コミも期待…。

2013.6.18yamada3