ちょっととーく

日々の暮らしを見つめ直す10 可愛い子供に時間を使う

可愛い子供に時間を使う

いじめ、非行が蔓延

最近、子供たちのいじめ、非行、自殺などが、マスコミの俎上に上らない日はありません。過剰報道の傾向も見られますが、それにしても悲しむべき荒れた世の中になりました。
安倍晋三内閣の教育再生会議でも、学校、家庭、地域が一体となって、子供たちの健全な成長を願っての施策を議論していますが、何となく絵空事のようで現実性が乏しい思いがします。
その中で自然体験を通じて子供たちの豊かな人間形成を図る提言がされていますが、具体的にどうすればいいのか、今のところ決め手に欠けるようです。
いずれにしても速効性のある方法はないのですから、小手先で法律をいじるよりも、抜本的な対策が強く望まれます。

子供に自然体験の舞台を

長く続いた詰め込み教育の誤りが、親も含めて子供たちの人間性を傷めたところに問題の根はあります。
確かに県知事たちの逮捕に見られるような政治の乱れ、経済成長一本槍だった政策のひずみ、教育委員会の無策や無責任、学校教育の質の低下などに問題の多くがあります。
しかし、これらの社会現象を非難・批判して口角泡を飛ばしたところで、解決の糸口にはなりません。
それよりも親が可愛いわが子の成長に、どれだけ熱意を持っているかが問われています。子供の成長に自然体験が有効だと分かっていても、その舞台さえ用意されていません。
たとえ舞台があったとしても、子供は親の手助けがなければ、自らの意志で自然体験の機会を持つこともできないのが現状です。

親は子供のために時間を

可愛いわが子のために親は、どのくらいの時間を使っているでしょうか。どれだけ親と子が会話をしているでしょうか。今一度、政治や社会を非難する前に、自らの日々を振り返って下さい。きっと驚くべき姿が見えてくる筈です。
私は親子農業体験塾「竹の子学園」を主宰し、子供たちのために自然体験の舞台を用意しています。
子供たちのために1ヵ月に一日でいいから親の時間を使ってほしいとお願いしていますが、わずかそれだけの時間も使ってもらえないのが現実です。
親は子供のために、高価なテレビゲームなどにお金を使いますが、残念ながら子供と一緒に過ごす時間を与えてくれませ。
どこか間違っていないでしょうか。いじめや非行などの悲しい出来事は、親がもっと子供と時間を共有することにより、いくらかでも防げると思うのですが、いかがでしょうか。

子供を大きく育てたい
子供たちの持っている勝れた資質を大自然の舞台で存分に発揮させ、素直に成長してほしいですね。

 

Plus One Message