現場巡回リポート

大切な仕上がりチェック~平成22年10月14日(木)~

 

今週は大型リフォームの現場巡回が中心だった。市場の要因もあってかつては増改築が主流だったが、近年は中型や小工事が増え多忙な割には売上を伴わない。仮住居も満杯で近隣の借家も利用させてもらっている。住みながらの工事もあり、それぞれお客様にはご不自由をお掛けしている。それだけに細やかな心配りが欠かせない。

 

内装工事中の現場でクロスの仕上がりを社長が入念にチェックし、職人に不具合を指摘していた。各工種に必要な条件でクレームを未然に防げるし。そのシステムを目撃するとお客様も安心される。もちろん担当者のチェックは怠りないが、入念に行うほど職人の緊張感は持続するし、結果として精度の高い工事につながる。

 

これまで足場の養生がブルーシートで雑な印象を受けていたが、今週の吹き付け現場では白に変わっていた。何となく遠くから見てもおしゃれに感じる。現場はショールームの役割を果たしているから、アピールに対する配慮は欠かせない。基礎の養生もしっかりしているし、上棟中の現場は威勢がいい。キャラクターシートに新感覚が求められる。