現場巡回リポート

自省・自戒~平成22年10月21日(木)~

 

最近は足場を欠ける現場が増えたせいか、アピールシートが掛かっていない現場がある。

折角の機会なのでもったいない。枚数を増やすこと、大きさを倍にすること、

デザインを変えることを社長に提案した。

ついでに「ご縁に感謝」の旗も欲しい。シートは一面からしか見えないが、

高い場所に掲げる旗は全方向から見える。

 

現場巡回の楽しみの一つに、お客様と旧交を温めながらの楽しい会話がある。

今日は「花と緑」「健康」の話が多かった。お客さまの笑顔で現場の満足度がうかがえる。

仕上がり状況の確認や新しい気付き、職人さんたちの働き振りチェックに加え、

お客様とのコミュニケーションも、大切な役割だ。しかし、慣れすぎると見る目が霞む。

 

工事現場が多くなると社員も時間に追われ、時として目が行き届かなくなる。

クレームなどは事前に予測して早めに手当てが必要だ。

最後の現場では担当者とお客さまのトラブルに遭遇した。

それぞれの言い分はあるが、最終的にはお客さまの満足がいただけるようベストを尽くす責任がある。

あらためて心の緩みを実感させられた。自省・自戒。

CIMG8460_copy