日々雑感~デイリーメッセージ~

平成24年1月25日(No5515)  地域活性化に拍車

地域活性化に拍車

地域の大型スーパーストアーが進出30周年記念の改装に伴い、文化センター的な催しを開きたいと相談に見えた。有力な企業が地域の活性化をテーマに、新しい試みをされることは嬉しい。商圏内のビジネスとしてはライバルだが、地域起こしには力を合わせることが必要だ。具体的にはこれからだが、できることは力を惜しまず下支えをしていきたい。

 

生き生きした高齢者地域を目指してスタートした「人生講座」が「生涯学習・プラスワンステージ」を生み、さらに新しい文化活動につながることは意義がある。ビジネスとしては競合するが、地域発展のためには心の狭いことは言っておられない。スペースが定員60名と中規模だから、かねて構想を練っている安佐北市民文化大学にはちょっと物足りない。

 

「人生講座」は今年から司馬遼太郎著「街道をゆく」の映像から学ぶことにしたが、予想外に面白く辛口メンバーからも歓迎されている。これまでまったく知らなかった日本のルーツが解き明かされようとしている。知らないことを知るほど楽しいことはない。午後のクラスには新しいメンバーが2名増え、これまでとは違った雰囲気になった。

 

「生涯学習・プラスワンステージ」の1月講座はお休みになったが、常任講師の皆さんはすでに準備で忙しい。メンバーの皆さんも待ち遠しいと聞く。会社に訪問者が増えることは有り難いが、社員の負担にならないように、少しでもビジネスに生きるよう心掛けたい。無理は決して長続きしない。折角軌道に乗った地域活動だから、大切に育てたいと思う。