現場巡回リポート

心あれどままならぬ ~平成24年6月27日(木)~

心あれどままならぬ

P6280958_copy P6280955_copy

社長は兵庫県篠山市の現場に新幹線を利用して出張。これも一種の現場巡回のうち? 約1ヵ月になりますが、何とか予定通り完工の見込み。用向きは最終のチェック。遠距離だから細かいところは職人さん頼み。図面通りであっても心が入っているかどうかで満足度は違う。他に知人の葬儀もあり、本日は巡回がままならなかった。

 

内装工事のA邸。高齢のご夫妻と野菜談義。庭を放って置くと雑草の処理に困るからと、キュウリ、ナス、トマト、サツマイモ、それにフキまで。手入れが行き届き、収穫の時期にそれぞれ入っている。戦時中の食糧難はもうご免だと同時代を体験したもの同志に通じるお話。大工さんの笑顔と大きな声が楽しいと褒められる。

 

B邸は浴室、洗面、トイレのリフォーム。長い間働き続けてやっと自宅にいる時間が楽しめるようになった。あらためて周りを見回し、どうせならもう少し快適に暮らしたいというのが動機。トイレの床に使用したセラミックパネルがお気に入り。きれい、掃除が簡単、丈夫。朝は洗濯がゆっくり出来るし、広い浴室でゆっくり癒やせる。

 

暮らしが変わって幸せいっぱいとのお話。満足度が高い。

残念ながら本日はここまで。次週はきちんと回りたい。