現場巡回リポート

軌道に乗らず  ~平成25年1月17日(木)~

軌道に乗らず

30年ものお付き合いがある顧客が、実家のマンションを全面リフォームすると言 う。最初は小さいながら、新築をさせてもらった。何度か小工事のリピートがあり、キッチンなどのリフォームを注文。今回は市内中央に住まう母のために、水周りを含めて大規模な工事となる。現場巡回が現場調査に早変わり。鉄砲玉のように飛び出す要望を聴く。

 

2013.1.17gennba

 

「忙しいですか」の質問に、「正月早々だからそれほどでもない」と社長の返事。「それはいけませんね。頑張らなくては…」と厳しいアドバイス。例年のことながら1~2月は閑散期となる。大型リフォーム工事がやっと着工する。近所迷惑ではあるが、解体工事の騒音には元気がもらえて嬉しい。孫のために「じじ・ばば」のプレゼント工事。

 

2013.1.17gennba1

 

内装工事の現場では補強に問題点があり、大工さんと社長が入念に打ち合わせ。リフォームは資産価値をアップさせる責任があり、隠蔽部分であっても手抜きは許されない。大型のガレージ工事は掘削中であるが、出入り口の段差で事故が起こらねばよいと願う。現場巡回は毎週木曜日の週一回だから、外れると小工事は回れないことがある。

 

2013.1.17gennba2

 

途中、雪が降り始めた。積もらなければよいがと心配する。