現場巡回リポート

お久し振り  ~平成25年1月31日(木)~

お久し振り

厳寒が続いていたが、久し振りに気温が二桁になった。自然は気紛れで人間の体調 管理などはお構いなし。7~8℃も温度差があると、多くの人が体調を崩してしまう。暖かいのはいいけれども、三寒四温でゆるやかな春をプレゼントして欲しい。大型リフォームの現場で目に付いたのは、新しい「ご縁に感謝」の現場シート。新しいものは輝く。

 

2013.1.31gennba

 

間取りの変更などで柱を抜いたりして構造を変える場合があるが、大切なのは計算された補強工事。見えない部位だけに手抜きは許されない。本日は珍しく久し振りの再会が目立った。風呂工事の高浜さんは35年振り。それでもお互いに思い出があり、語り合えば懐かしい。奥さんに旅立たれ、癌を患い、苦労が多いようだが、生き方は明るい。

 

2013.1.31gennba1

 

4台の車が駐車できるガレージは完成し、後は完全乾燥を待つだけ。仕上がりがとてもきれいだ。市内に入って現場調査が一件あった。依頼主の高桑さんは中小企業家同友会時代の仲間。17年振りになるが若々しい姿にビックリ。まるで時間が動いていないみたい。身体に障害のあるI邸はトイレリフォーム。バリアフリーで残るは器具付けだけ。

 

2013.1.31gennba2

 

年が明けて店舗改装を注文された岡田さんが支払いに来社された。工事のご縁は15年前に「安佐北区・保護司会」で講演させていただいたことによる。「地域社会に貢献している貴社に一度は工事を注文したかった」と嬉しいお話。我が身は病身だが、地域の人々の健康長寿に貢献したいと熱く語られた。ビジネスは時空を超えたご縁がものをいう。