現場巡回リポート

年齢を実感  ~平成25年7月11日(木)~

年齢を実感

現場巡回にスタートする午前10時には気温が33℃に上昇し、早くも真夏日に。現場の職人さんたちも楽ではないだろう。新しく着工した大型リフォームの現場では解体さんたちが作業中。さすが若い人たちの動きは暑さに負けていない。元の建物は丁寧に作ってある。内部の解体工事は完了していたが、清掃が行き届いており感じがよい。

 

2013.7.11gennba

 

キッチンのリフォーム現場では西岡大工さんが汗をかいていた。同年輩なのに元気がいい。愚痴を言いながら本当によくやってくれる。ご主人に会いたかったが、あいにくの留守で残念。構造的には若干の問題があり、基礎部分の補強が必要である。ガレージ工事の現場では先週は雨だったが、今週の猛暑でガレージの土間コンが完了。内装施工中。

 

2013.7.11gennba1

 

内装工事の現場では最後の建具工事が完了したところ。ご主人が箒を持つ。恐縮。時間が掛かっている掘りこみガレージは捨てコンまで進む。来週は型枠、鉄筋組みの予定で先ずは一安心。外装リフォームの現場は雨樋工事を残すのみ。明日は完了し、明後日は足場が取れる。猛暑の中のシートは暑さを応援する。申し訳ない。もう少しの辛抱だ。

 

2013.7.11gennba2

 

本日は社長が益田の現場へ泊りがけで出張中。そりため一人での巡回となる。飲料水のサービスをしているが、バッグの重さが肩にきしむ。元気に働く若い人が羨ましいが、年齢には勝てない。「生涯現役」「一生青春」のモットーも看板倒れになりそうだ。しかし、バックアップの仕事はきちんとやり遂げたい。