現場巡回リポート

老化現象か  ~平成25年7月18日(木)~

老化現象か

大型掘り込みガレージの工事が鉄筋組が終わり、何となく型になってきた。鶴田建設も現場で立会い、施主ご夫妻もご機嫌がよい。ただ近所からの迷惑クレームがあり、本日はお詫びのチラシを投函した。桐陽台の現場は解体工事が完了し、休工になっていた。現場はきれいに整っていたが、槌音がしないと寂しい。街路樹の剪定が済んでいた。

 

2013.7.18gennba

 

先週訪れたとき歩道脇の植栽や街路樹が荒れ放題だったが、見事に手入れがしてあった。やれば出来る。感心した。キッチン内装工事の現場では久し振りに施主夫人と昔話をしたが20年前の出来事が懐かしい。今回の巡回表に工程表が添付してないので、進行についてのチェックが出来なかった。図面なども可能な限り見ながらチェックしたい。

 

2013.7.18gennba1

 

現場の看板が曲がって掛けてあった。担当者は常に注意をしてほしい。みっともない。内装工事の現場は昼時で職人はいなかったが、木屑が散乱して恥かしい。少なくとも現場を離れるときは道具をそろえ、掃除をしておかないとだらしない業者に見える。厳しい注意が必要だ。それにしても暑い。夏だから仕方がないが気を引き締めたい。

 

2013.7.18gennba2

 

ガレージ工事の施主夫人から「懐かしい」と声を掛けられたが、残念ながら記憶にない。30年前のこととは言いながら申し訳ない。お詫びした。調査して記憶を取り戻したい。