現場巡回リポート

他社に押され気味  ~平成25年8月22日(木)~

他社に押され気味

今朝のゴミ拾いは西コースだったが、橋の下の公園で小休止していると美人に声を掛けられた。「いまマルコシさんで外装リフォームをしてもらっているんですよ」。これまでは目礼程度だったが、ゴミ拾いには思いがけない楽しみもある。総合リフォームの現場(可部)は遅々として進んでいない感じがする。4階の仮居にお住まいだが少々心配だ。

 

2013.8.22gennba3

 

最近離れの増築工事をさせてもらったお客様のリピートで本宅のキッチン、浴室などのリフォーム(深川)。壁の落書きが微笑ましい。和室の増築工事がスタート(倉掛)。ただいま基礎工事中。防水工事の現場(亀崎)では、お客様の心遣いで飲料水のサービスが溢れている。この暑さを凌ぐにはやはり喉からか。バケツには空き缶などでいっぱい。

 

2013.8.22gennba2

 

マンションの内装リフォーム(亀崎)は大掛かりだが、日々の暮らしはどうなっているのだろうか。仕方がないとは言え、お客様には暮しのご不自由をお掛けしている。工事管理にはベストを尽くしたい。ゴミ拾いのとき出会った美人と再会できた(落合)。この暑さで外装リフォームは大変と思うが、辛抱していただきたい。お隣さんのOBにご挨拶。

 

2013.8.22gennba1

 

午前中の最後は屋根工事(口田)の現場。職人さんは真っ黒に日焼けしていた。午後の口田南地区はエスケープして社長に一任。実は高校野球の決勝戦をテレビ観戦。倉掛地区では他社現場を二つ目撃。最近は現場看板のないリフォーム業者の進出が多い。やや押され気味?初めてのお客様は現場巡回を恐縮される。その分だけ安心感を与えるよい制度だと思う。チェックを厳しくすべきだと反省している。

 

2013.8.22gennba