現場巡回リポート

交通渋滞  ~平成26年6月12日(木)~

交通渋滞

同じ区内ではあるが遠距離のAさんから、雨漏りの連絡があった。丁度にわか雨が降っていたせいもあって、好都合だから最初に訪問することになった。ところが県道で事故があったのか大渋滞に巻き込まれた。それでも裏道を通り最小限の時間ロスで済ませた。築後年数が経過しており、判定が難しいところだが、お客様の立場で判断するようだ。

 

2014.6.12genba (1)

 

更に旧市内のBさんの外構現場に到着。既に正午を過ぎており担当の山野さんは空腹を訴えていた。町内に帰ったのは、すでに午後1時を回っていた。Cさん宅では最低限の住居部分は完了し、新たな部位の解体工事に入っていた。小屋裏の組手の木材が細いのでこの際、しっかりした補強が望まれる。シロアリのDさんにはお目に掛かれなかった。

 

2014.6.12genba (2)

 

Eさん宅は足場が完了、明日から解体工事が始まる。Fさん宅はキッチン工事も終わり、すでに片づけに入っていた。東田さんが病気療養中のため、平見さんが孤軍奮闘で頑張っていた。素晴らしい現場なので取材をお願いしたが無理のようだ。Gさん宅は先週喜ばれた外装リフォームは足場を撤去、ガレージ工事に着手。なんとお洒落なこと。

 

2014.6.12genba (3)

 

すでに午後2時を回っておりやっと昼食にあり付いたが、走り回った割には件数がこなせていない。施工現場は町内に超したことはないが、そんな贅沢は言っては罰が当たる。地元の工事を増やすことは効率がいいし、お客様へのサービスも行き届く。施工にあたっては近隣を大切にし、人気を得たいものだ。掃除、あいさつ、駐車、小さな気配りなどを大切にしたい。