日々雑感~デイリーメッセージ~

平成26年6月7日(No6379)   愈々中国山脈超え百㌔ウォークのスタート

愈々中国山脈超え百㌔ウォークのスタート

平成23年6月、尊敬するMランド・小河二郎会長の挑発に乗って、無謀にも同社が主催する「中国山脈超え100㌔ウォーク」に参加した。胃がんの摘出手術で痩せ細った後期高齢者には過酷な体験だった。途中、小河会長に1㌔ほど介添えしていただき歩いた。何とか18㌔のチェックポイントまでたどり着き、満足のリタイア。人生初体験の過酷な時間。

 

平成24年の2回目の参加では38㌔、昨年は50㌔のチェックポイントまで距離を伸ばした。初めて参加する1か月前からトレーニングの積りで徒歩通勤に切り替え、1日10,000歩以上歩くことを決めた。昨日まで1120日連続で歩いている。延べ1240万歩を歩き続けた勘定になる。実は1千万歩を超えた あたりから、身体のつくりが変化してきた。

 

毎日のウォーキングで老いがストップしたと傲慢にも確信を持った。今年は77歳(喜寿)を迎えた。その記念に100㌔を完歩しようと決意した。その決意を内心に秘めておけばよかったのに、不遜にも自慢たらしく広言してしまった。畏友からの激励のはがきがとうとう100通を超えた。こうなると引っ込みは付かない。「スーパーじぃじぃ」という名前まで。

 

昨日は午前中が仕事。買い物と散髪を終え、整体治療を終えて久しぶりに6時間も眠った。今朝は毎週土曜日の公園清掃日。仲間のみなさんの朝食を用意して届けた。掃除はごあいさつだけでスタート地点の安芸太田市戸河内町に向かう。昨年の失敗に懲りて畏友にサポートをお願いした。整体師さんも帯同する。ドキュメントの撮影も行う。すべて完歩が前提。

 

途中で挫折すれば喜寿記念のドラマは、すべてご破算になる。ひたすらゴールを目指して歩き続ける。さあ、スタートだ。