日々雑感~デイリーメッセージ~

平成27年10月19日(№6878) 屈辱のCS敗退

屈辱のCS敗退

巨人軍はCSの第二ステージで初戦こそ勝ちを拾ったものの貧打で三連敗、日本シリーズの出場権を失った。今年のプロ野球で広島カープも最終戦で敗れ、CSに進出できなかった。広島人にとって面白くない一年だった。セ・リーグ二年連続最下位のヤクルトが優勝し日本シリーズへ、三年連続優勝の巨人が二位に甘んじ出場権を逃す、監督の力量の差なのか。

 

通算十二年も巨人の監督を続けた原さんも、ここらが潮時と辞意を表明した。彼を名将と称賛する人もあるが、監督としては凡才ではなかったか。現在は選手の過渡期と思われるが、自前の戦力を育てられなかった罪は大きい。外国人選手や他チームの選手に頼っていると現在のようなちぐはぐな選手の構成になる。投手も生え抜きは菅野一人、これでは勝てない。

 

新聞辞令によると後任の一人に高橋由伸選手の名前が取り沙汰されている。他にはかつての名投手江川卓氏、河相ヘッドコーチの名前も上がっている。今更、江川でもないだろうが、河相は悪くないが華がない。中日ドラゴンズで選手兼任監督の谷重捕手が誕生したように、ここは思い切って高橋由伸の現役兼任監督は如何だろうか。新しいチームが生まれそうだ。

 

一応巨人ファンであるが、チームの応援というよりも好きな選手がいるからと理由が大きい。何といっても熱狂的な長嶋ファンとして、第一期の監督時代には宮崎まで追っかけをした。テレビ局に無理を言って五分間だけ長嶋監督に時間を取ってもらった。親しく会話し、ツーショットの写真、それに貴重なサインをもらった。以降はイケメンの高橋ファンに。

 

ここまでチームが停滞すると再建には苦労するだろうが、高橋由伸には球界の盟主としての地位を取り戻して貰いたい。