現場巡回リポート

復活の兆し   ~平成27年10月22日(木)~

復活の兆し

豪邸の浴室リフォームをさせてもらっている。庭の隅々まで手入れが行き届いており、住む人の人柄をしのばせる。注文のいきさつが嬉しい。宅配される「フォーラム新聞」の読者であること。早朝清掃のキビキビした動きに感動されたこと。競合相手があったにもかかわらずご注文いただいたこと。いま目指しているビジネスのスタイルに合致している。

 

2015.10.22genba (1)

 

ご丁寧にセブンイレブンのコーヒーを振る舞ってくださった。大感謝。外装リフォームの施工中。空き家なのでお客様は不在だが、新しい外装材を使用している。やや価格は張るが家のためにはベストだ。新商品のアピールを兼ねて見学会を企画中。新しい地域の開拓を狙っている。担当は山野社員。外装リフォーム&外構工事&付帯工事がスタート。施工中。

 

2015.10.22genba (3)

 

お客様は説明を受けた工程を手書きで清書しておられる。珍しい人だ。内装リフォームで本日は左官職が壁塗り中。お客様にごあいさつ。キッチンリフォームがスタート。間違ってお隣を訪問。近隣あいさつと間違えられて違和感はなかった。お隣さんが紹介してくださったお客様で浴室リォームに続き再度のご注文でありがたい。広がりそうな気配がある。

 

2015.10.22genba (2)

 

水栓工事の小さな工事だが、これからのことがあるので立ち寄って奥様にごあいさつ。お隣の月橋さんは庭師が松剪定の施工中。「金本さんはまだ?」と待ちかねていた。小工事であるが次々とご注文いただくありがたいお客様だ。感謝しながら大切にしたい。まだ現場の数は少ないが、少しずつ回復しているようだ。「ありがとうはがき」も増加中である。

 

2015.10.22genba (4)