現場巡回リポート

新人研修を兼ねる  ~平成27年4月9日(木)~

新人研修を兼ねる

本日の現場巡回は新人の村田君が、社長の指示で研修を兼ねて同乗した。①小工事のごあいさつ。②小工事のごあいさつ。③病後の西岡大工の担当現場だが、心配していた工期もなんとかなりそうなところまで進んだ。ここまでくれば一安心だ。近所の方々に迷惑をかけているお詫びをした。最近リフォームした一人に価格や注文動機などについて教わった。

 

2015.4.9genba (2)

 

④介護のためのスロープ工事が本日完了予定。帰宅して工事箇所を使用しなければ、介護リフォームの助成金は使えないそうだ。現在、病院でリハビリ中だが、退院の目処は立っていないとのこと。老老介護の厳しさがある。⑤タイル工事やフエンス工事が午後から始まる。ごあいさつのみ。⑥工場の大型外壁リフォーム工事。現場が広く職人の確認が難しい。

 

2015.4.9genba (4)

 

高速道に乗って市内に向かう。費用は掛かるが渋滞に遭わないだけ時間の節約になる。⑦創業以来50年のお付き合いがあるお客様宅の改築工事。お客様は88歳。「あと5年は生きる予定だからせめて最後は快適な暮らしを…」が、工事の動機である。何とも元気のいい人だと感心する。老人ホームで完成を待っている。現在は解体中、元気で帰って欲しい。

 

2015.4.9genba (3)

 

⑧総合リフォームがまもなく終わる。狭い敷地の小さな家だが、階段が厳しい。なんとか工夫があったと思うが、手遅れのようだ。階段の勾配がきつく、かつ踏みしろが少ないから日々の暮らしに用心が必要だ。⑨25年ぶりのリピートだが、屋根、外壁、内装のリフォーム。25年も時間がすぎれば面影がなくなる。お互いにはっきりした記憶はない。新人の村田君のリポートが楽しみだが、未知の世界にどう対処?

 

2015.4.9genba (1)