日々雑感~デイリーメッセージ~

平成28年10月16日(№7123) 晴れのチャリティ

晴れのチャリティ

一週間前の天気予報では傘マークだったが、気まぐれの予報は晴れに変わってくれた。東日本大震災は平成11年3月11日に勃発したが、同年の10月2日に鍵山秀三郎さんの出講をお願いし、復興支援の第1回を開催した。東日本とそれ程縁の濃くない広島であるが200名を超える市民が協力してくれた。それ以来、今回が6回となる。よく続いている。

 

チャリティをして集めたお金をどうするか、この部分が曖昧だと協力した市民に申し訳ない。新聞社や役所に届けるのも一つの方法だが、どのように使われるか明確でない。そこで「日本を美しくする会」がボランティアを募集して廃材の片付けや清掃していることを知り、必要な費用を支援することにした。集まったお金にいくらかプラスして届けている。

 

「日本を美しくする会」では東京の中学校や高校の参加者に対して交通費(貸切バス費用)を援助している。一般的にこうした活動では「収益の一部を…」とか「収益のすべてを…」などと訴えるが、そうなると曖昧になるので「収入の全て…」と表現している。チケット代金、チャリティバザーの売上金、それに寄付金の全てを届ける。そうすれば寄付金もまとまる。

 

チャリティバザーの善意品は、全国の掃除仲間にお願いしている。支援してくれる仲間は多い。山のように届けられる。今年のチケットも売れ行き好調だ。第6回の講師は前衆議院議員&前横浜市長の中田宏(なかだひろし)さんにお願いした。講演代や交通費はボランティアでという申し入れがあったからご好意に甘えることにした。暖かい日差しは人の心を潤す。