現場巡回リポート

五月晴れの快適   ~平成28年5月12日(木)~

五月晴れの快適

昨日まで雨天が別世界のように晴れ上がった。私にとっては一カ月ぶりの現場巡回同行である。これまで病院の定期検診が一日、水曜日の白内障手術が二回、GWが一回それぞれ休ませてもらった。本日は亀崎中学校の職場体験の生徒を二名受け入れた。今回の中学生は声が小さく、小回りがきかない。こんなものかと思うし、日本の将来が心配になる。

 

2016.5.12genba (2)

 

 

彼らの予定もあるし現場巡回は午前中で終えることになった。①サッシ工事。お客様は不在だったが工事について社長が生徒に説明した。②キッチン改装工事など。雨漏り修繕の依頼が広がり、屋根以外にもキッチンなどのリフォームに広がった。③外壁のクレーム対応工事。お客様は不在だったが一筆詫び状を書いて置く。社長の決断は素早くこじらせない。

 

2016.5.12genba (1)

 

④増築工事の後始末。排水工事など二期工事の準備中。前回の巡回で基礎を打っていたが、ずいぶん時間が過ぎたような気がする。⑤キッチンリフォーム。わが住まいのご近所からの注文でキッチン、洗面、浴室などのリフォーム工事。目と鼻の先で他社の車にウロウロされると気分がよくないが、しばらく立ち寄る楽しみが増えた。注文のルートは不明だ。

 

2016.5.12genba (3)

 

その他いろいろ回ったがお客様にはまったく会えず、こんな日もあると不思議に思った。中学生には社長が分かりやすく説明していた。午前中、時間を余したので社長がリフォーム工事の概要について説明した。明日は現場のおじさんたちと二人が別々のチームで巡回する。町内には四つの中学校があり、そのうち三つから派遣の要望があるので請けている。

最近の中学生は未熟に感じる。私は昭和25~27年に在籍したが、当時は一家を背負っていたものだ。環境も大きく異なるし、生き方も違っていた。それが幸せがどうかは不明だ。