日々雑感~デイリーメッセージ~

平成28年5月29日(№7003) オレンジフェスタの成功

オレンジフェスタの成功

昨日の土曜日は天気予報が正確に当たり、屋外のイベントには絶好の日和だった。もしかしたら雨が降るのではないかと心配したが、「曇りのち晴れ」でお客様ものんびりイベントを楽しんでおられた。一年に一度の商売用のイベントだが多くのお客様が参加してくださる。さほど増えもせず減りもせず。今回は148名の参加で大いに賑わった。

 

売り込まない、学んでいただく。このことをしっかり内容に盛り込んで筋を通した。売らないということはやがて売れるということだ。業者による八つの講座、6人の社員による10回の講座はいずれも満席で賑わった。買ってくださいと言う売り込みになれた業者には物足りないかもしれないが、売らないことがどれだけ売り上げに結びつくことか。

 

お客様は時と共に入れ代っている。少しずつ若返りの傾向にある。リフォームビジネスも体力商売だからお客様が元気でなければ成り立たない。イベントに参加するため500円の会費を支払う例はないだろう。食事を提供し記念品をお渡しするが、参加は有料になっている。お客様もすっかり有料に馴染んで抵抗感はない。なにごとも言ってみるものだ。

 

アベノミクスは日本経済を助けることにはならない。景気は益々悪くなる。財政出動をしても人間が減り経済全体のパイが縮むようでは、景気によって零細企業の商売が繁盛するとは思えない。これからは独自の知恵袋を絞りながら、需要を獲得していくことが肝要だ。中国も韓国も経済は縮む。アメリカも同じだ。しかし繁盛する企業は必ずある。

 

リフォームも価格では注文が得られない。お客様と仲良くすることだ。価格よりも価値によって需要を伸ばしていくこと、そのことに徹していれば必ず生き残れる。時間は掛かるが。