現場巡回リポート

気温-2℃に震え上がる ~平成24年1月26日(木)~

気温-2℃に震え上がる

P1260354_copyuu P1260357_copy

積雪は大したことはなかったが、日本列島が震え上がる寒波には参った。凍結による交通渋滞もあり、スタートを午前10時に変更。施工現場が少ないのでのんびりだが、心のうちでは昼食がとれないほどの忙しさがいいと思う。外溝工事のA邸では旧知の若い施主と再会。かつてラーメン店で修行していた若者は成長し、中華料理店の経営者に。

 

外装リフォームのB邸は残念ながら施主に会えず、巡回はがきを書き残す。C邸は排水工事。このお宅はトイレ改装工事で訪販業者にぼったくられたという。手口は市価の半額程度の価格で契約するも、追加工事の要求で結局3倍もの請求。消費者センターへ訴えるのも面倒だからと、結局泣き寝入り。この手の業者は後を絶たない。

 

E邸は玄関のリフォームだが、この低温に寒風が家の中に吹き込む。申し訳ないが巡り合わせ。高齢者の施主は気にする風もなくニッコリ。ホッとした。F邸では現場担当の平見さん、東田さんが寒さにめげず周辺清掃。オレンジジャンバーの躍動にお客様は大歓迎。G邸でトイレを借りる。車内と戸外の温度差で我慢が難しい。雪どけが早い。春近し。