超高齢化社会の「生きがい」チャレンジ

①子育て感謝金贈呈のご案内

①子育て感謝金贈呈のご案内

謹啓 日頃は、親子農業体験塾『志路・竹の子学園』(以下竹の子学園)の運営に格別のご理解とご支援をいただき、ありがとうございます。心よりお礼申し上げます。

この度、個人的な思いがあって「子育て感謝金」を贈呈させていただくことに致しました。対象には一定の条件を設けますが、使途についての制限はございません。

平成十五年八月に「竹の子学園」をプレオープンしましたが、同年の一月、私は進行性胃がんの全摘出手術を行いました。病状はステージ3Bの重症で手術は成 功しましたが、五年後生存率は三六パーセントという危ういものでした。ところが奇跡的に社会復帰ができ、平成二十四年三月一日、後期高齢者の仲間入りをさ せていただくことができました。心身ともに健康でこの日を迎えることができたのは、心の病(癌の再発と死の恐怖)に冒されなかったからです。

その要因はふるさとで集う子どもたち、保護者の皆さん、ふるさとの先輩との交流舞台である「竹の子学園」の活動です。とりわけ六年もの長い間、せっかくの日曜日に親子で参加してくださった保護者のみなさんに心から感謝しております。

その思いを「子育て感謝金」としてカタチにさせていただきます。お受け取り下されば嬉しゅうございます。私の老齢年金が原資ですから、義務や制約は一切生じません。

 

 

一、対象 塾生を六年間「竹の子学園」に案内してくださった保護者

一、金額 月額一万円

一、期間 平成二十四年四月から平成二十五年三月までの十二ヶ月間

一、振込 毎月十五日指定口座へ自動振込み

 

該当する保護者にご案内したところ、快く受け取っていただくことになった。誤解を生じやすい金銭のからむ取り組みが受け入れられたことは、この上もなく嬉しい。

 

高齢者が生きがいを持てるステージを

平成二十五年、「竹の子学園」は一月の「とんど祭り」で記念すべき設立十年目をスタートした。塾生二十一名、参加家族十六組、登録メンバー六十六名。昨年 に比べると賑やかになった。十年目を迎えて地域の認知度が高くなったのか、応募者が急増した。前期五名の卆塾者を送り出し、寂しくなることを覚悟していた ので有り難い。小学生十三名、保育園児八名の構成である。塾生は低年齢化の傾向にあるが、世話役の先輩たちは八十路を超えた。田畑の世話は厳しい年齢であ る。ピンチである。

竹の子学園の目的に、①子どもの教育、②高齢者の生き甲斐、③過疎の活性化、④都市と農村の交流をあげているが、厳しい運営の見直しを迫られている。ピン チに遭遇しているが、見方によればチャンスと捉えることができる。「親子農業体験塾」を「三世代農業体験塾」に進化できないか。子どもたちの歓声を背に受 けながら、この中に都会の高齢者を融合させたらどうなるか、新しい構想が回転を始めた。もしかしたら来年は新しいスタイルに衣更えできるかもしれない。

わが国の将来人口は二〇四八年には一億人を割り込み、二〇六〇年には八六七四万人となる。経済にもっとも大きな影響を与える生産年齢人口は、四四一八万人 になると推定されている。生産年齢人口に対する老年従属人口指数は、七八・四(働き手一・三人で高齢者一人を扶養)まで上昇し、いわゆる肩車型に達するも のと思われる。数字の上では高齢者世代が老後の安穏を若年者に頼ることは、消費税増税におんぶされる「税と社会保障の一体化」を目指しても不可能と分か る。

 ①子育て感謝金贈呈のご案内

 

 

高齢者世代が社会的責任を果たす

このような事象を考えるとき、税と社会保障の一体化改革以上に、人口を増やす政策を総動員することが喫緊のテーマとなる。

もう一つ、金融資産の保有額にも目を向けなければならない。子育てにもっともお金が掛かる三十歳代、四十歳代は蓄えがきわめて少ない。すでに子育てを終え た六十歳代、七十歳代はおおむね金融資産が多い。だとすれば、六十歳代以上の世代が、様々なカタチで子育て世代に資金援助を行うことが自然であり、かつ好 ましい政策であると考えられる。

若いときから老後の生活設計を立て、つましい暮らしの習慣を身に付け、肩車式の老後保障など不要になるよう自立すべきである。高齢者の多くはおおむね豊かである。若い世代がいつでも子どもを生める社会にし、安心して子育てができる仕組みを提供したいものだ

今年も継続する「子育て感謝金」の贈呈システムは、新しい社会へのささやかなチャレンジだと考えている。若い世代への支援は、高齢者の社会的責任を果たす一歩だと考えている。

 

①子育て感謝金贈呈のご案内