現場巡回リポート

38年ぶり  ~平成25年10月31日(木)~

38年ぶり

大型の外装工事を注文してくださったF邸を訪問した。実は38年前の増築工事を記憶しており、今回の再注文となった次第。山口県岩国市の現場だが、懐かしいということなので気持ちは逸った。人柄の優しいご夫妻で具体的な話は噛み合わなかったが、嬉しい訪問だった。帰り道に現在見積もり中のE邸を訪問した。久し振りで喜んでもらえた。

 

2013.10.31genba (1)

 

町内に戻って外装工事のG邸、内装リフォーム中のH邸を訪問。画家のご主人から異次元の生き方を拝聴しながら百号の大作を鑑賞させてもらった。アクリル画の繊細タッチは人間技とは思えない。明るい人柄に心が和む。大型工事のI邸は丁度昼食時間、その間は現場に入らない。プライバシーを尊重。屋根工事のJ邸はOB様。ご夫妻に再会。

 

2013.10.31genba (2)

 

トイレリフォームのK邸は大工さんがやや遅れ気味。時間が勝負だけに気になるところ。水道屋さんはすでに待機中。防水工事のL邸とM邸は隣り合わせの仲良しさん。同時施工をお願いした。Lさん宅はRC造の連棟住宅だが、購入時より水溜りがあったそうな。30年ぶりに胸の使えが取れると喜ばれた。Mさんは毎年誕生日にお届けする花を喜ぶ。

 

2013.10.31genba (3)

 

多くのお客様がリピートだけに再会を喜んでくださる。工事のチェックは社長がキチンと目を届かせる。私の役割は高齢者を励ますことにある。20~30ぶりともなればかなりの高齢。年齢が近いだけに健康についての関心は深い。季刊で発行している情報紙「フォーラム」の愛読者たち。会社の活動や仕事に対する姿勢、社員の教育などは熟知しておられ評価も高い。価格以外の価値も認めて頂いている。くださる

 

2013.10.31genba (4)