現場巡回リポート

気温が20度を超える ~平成24年4月12日(木)~

気温が20度を超える

P4120639_copy P4120640_copy

今朝の最低気温10℃、日中は20℃を超えた。一気に暖かくなると高齢者は戸惑う。できれば身体が対応できるように徐々であって欲しい。至るところでピンクの花びらがそよ風に舞っている。花の命は短いと言うけれど、惜しまれながら散るのも潔い。本日の現場巡回は遠く東広島市のA邸から始まった。庭の松の根が年を経て石垣を崩した。

 

擁壁工事の仕上がりを確認し、市内のB店舗改装工事へ回る。道路工事中で駐車に難儀する。商圏内に戻りC邸の外装リフォームをチェックし、お客様夫妻としばし談笑。D邸は屋根、吹き付け工事が終わり、木部塗装の施工中。E邸はブロック塀が完了し、テラスの工事中。品がよく若々しいご主人と快い会話が弾む。F邸はキッチンリフォーム。

 

独り暮らしの奥様は大満足でコーヒーを振舞われる。G邸は外装工事中だが、残念ながら面談できず。H邸はガレージの新設を施工中。I邸は増築工事が完了し、内装工事か進行中。旧知のJ邸はガレージ工事。昔話に花が咲く。駆け足ながら10現場を巡回した。なんといってもご満足の笑顔に出会うほど嬉しいことはない。幸せな一日だった。

 

工事のめぐり合わせだが、今週は何故か屋根、壁、雨樋、ガレージなどの外装リフォームが多かった。少し偏り過ぎが気になるところだ。受注残には主力のキッチン、トイレ、浴室リフォームがあり、相次いで着工となる。そうなれば別の愚痴が生まれるかもしれない。何事も天の思し召しと受け止め、仕事があることに感謝すべきと自戒した。