現場巡回リポート

97歳からのご注文 ~平成23年2月10日(木)~

97歳からのご注文

久しぶりに昼間の気温が一桁。「三寒四温」のうち、寒の方向に降られた1日になりそう。今夜から明日にかけて雪の予報で春は一時停止。今週の

福永邸_copy

巡回は珍しく地域外の現場が3件重なり、午前中はドライブ気分。時間が止まったような町並みは、懐かしくもあり、心が穏やかになります。建て替えのご注文先は、荷物も片付きいよいよ来週着工。

 

リフォームの工事も高齢化が一段と進み「子どもらに相談して返事をします」が増えています。少なくない工事費の決断には、即答とはいかないようです。今日の巡回先には珍しくお施主様が97歳の現場がありました。屋根瓦の葺き替えと外壁の塗装がセットで、ざっと300万円。担当者の話によると、見積書を確認して、即、ご注文とか。

 

これにはびっくり! 判断力、決断力は恐れ入るばかりです。高齢者は必ずしも老人ではない証です。よき範とさせてもらいます。屋根瓦はまだアスファルトルーフィングのない時代に葺かれたもの。代わりに曾木(寿司折の蓋のような薄い板)が下葺きしてありました。一枚一枚が釘止めで重ね張りしてあり、丁寧な仕事です。とても懐かしい。