悪質詐欺から身を守る

悪質詐欺から身を守る1

再び悪魔達たちが跋扈

一時は鳴りをひそめていたかのように見えた「悪魔リフォーム」の被害が、新聞紙上やテレビの画面を賑わすようになりました。

 特に認知症(痴呆)、高齢者の人たちの被害が目立っています。「骨までしゃぶる」という表現がありますが、弱者の財産を食い物にするリフォーム業者が後を断ちません。中には工事をしないで「架空請求」する新手も出てきました。

5000万円も詐欺

埼玉県富士見市で発覚したリフォーム詐欺は、認知症の女性から巧みに5000万円ものお金をおかしな工事で騙し取ったものです。

 実際の工事はわずかで一般の施工費の70倍もの請求をしています。一例を挙げると、通常3000円程度の「耐震工法」の金具を、1本18万円も請求しています。しかも、調査したところ不要な部分を入れても31本しかないのに、90本も設置したことになっています。

悪徳業者の結束

恐いのは業者一社だけだけではなく、ネットワークを組んで入れ替わり立ち替わり弱者を狙い撃ちにすることです。
「耐震工法」「白蟻防除」
「屋根工事」「外壁工事」
「換気工事」な複数の業者が連絡を取り合って出入りし、巧みな言葉で商談を進め、契約して詐欺するから注意が必要です。

 すべての訪問販売業者が悪者とは限りませんが、少なくとも正体不明の業者は相手にしないよう気をつける必要があります。と言っても悪質業者は詐欺のプロですから、そう簡単に見分けはつきません。まして認知症の人であれば、防御する効果的な方法がないのが現状です。

地域ぐるみで守る

心身共に健康な人は滅多に騙されることはないと思いますが、何よりも大切なのはこのような悪魔的商法の詐欺師たちをのさばらせないことです。

 それには「うちは関係ない」などと他人事に考えないで、怪しい業者の横行にはお互いに注意し合う習慣も必要でしょう。地域ぐるみで弱者を守ることが大切です。詐欺師たちの手口は共通していますから、怪しいと思ったら地域の話題にして、注意を喚起するようにしたいものです。

※これから1年間、「リフォーム詐欺」「架空請求詐欺」「電話詐欺」「便乗詐欺」などの手口を伝えますので、参考にしていただければ幸いです

悪質詐欺から身を守る2

悪徳業者が摘発される

高齢者らに不要なリフォーム工事契約を結ばせ、代金を騙し取ったとして「サムニンイースト」(東京都)の社員が逮捕書れました。

 同社のグループは、新聞の報道によると広島、山口、岡山、鳥取など34都道府県で営業活動を展開。約8900件、計115億円以上の契約を5400人と結んでいたそうです。

 悪徳商法リフォーム被害としては最大規模となり、警視庁は実態解明を進めるとのことです。行方を見守りたいと思います。

被害者は救われない

 悪質リフォーム業者の摘発は歓迎すペきですが、だからといって被害者が救われたり、騙し取ちれたお金が戻ってくる訳ではありせん。結果として泣き寝入りするしか仕方がないのが厳しい現実です。

 警察や弁護士、それに行政などに相談しても、契約の経緯がどうであろうと成立している以上、悪魔たちを罰する法律は皆無に近いのです。被害に遭ってからでは救いようがありません。

 ではどうすれば故事を防げるのか- ズパリ一点、知らない訪問販売業者などを、どんなことがあっても相手にしないことです。

手口の事例

◇家に訪れるきっかけ
・無料でお宅を○○診断させていただだきます。
・ご近所で工事をさせていただいてます。
・大変ですよ-お宅の外壁にひぴが入っています。

◇狙われやすい家
・古くて傷みがありそうな一建ての家
・子供たちが出たあとの老夫婦や一人暮らしの家。

◇目をつけるポイント
・外からチェックできる屋根、外壁、基礎など。
・家の人も気付かない天井裏や床下など中

◇誘う手口は?
・今日中に契約していただければ工事費を半額に…。
・モニターになっていただければ、たくさんのサービスをします。
・介護保険を使って、タダでパリアフリーの家にできます。

◇悪質業者の態度
・やさしい言葉使いで年寄りの話をよく聞く。
・断っても何度でもしつこく足を運んでくる。
・契約するまで何時間でも居座る。
・契約後、すぐ工事をしたがる。
・契約後に、次々と別工事をすすめる。
などなど…。

思い当たる出来事はありませんか。参考にしていただければ幸いです。

悪質詐欺から身を守る3

今度は話題のアスベスト

 アスベスト(石綿)が原因と見られる肺がんやじん肺などの健康被害が明らかにされ、マスコミ等で大きな話題になっています。
 さっそく「あなたの家にアスベストが使われている」などと言って住宅改修工事を持ちかける新手のリフォーム詐欺が出現しました。油断も隙もありません。

 国民生活センターなどにも、同様の被害相談が相次いでおり、警察署からも注意を呼びかけています。

脅し商法の典型

九州地方の50歳代の主婦は自宅を訪ねてきた業者に「お宅の屋根にアスベストが使われているから、すぐ取り替えないと大変なことになる」と言われた。

 工事費が高額だったため主婦が断ろうとしたところ、次々と瓦が運び込まれ、無理やり契約を結ばされ、半額以上支払ったという悪質なケースも発生しています。

 無理やりでも契約は有効で、結局、工事を完了させた上、有無を言わせず集金して帰ったということです。

 法的にはクーリングオフなど有効ですが、一人住まい高齢者などに知識があろうはずもなく、結局はしなくてもよい工事を強制され、泣き寝入りする結果になりました。

悪質業者は豹変する

 フォーラム新聞127号の「提言」で「—不審な業者が足繁く出入りしていれば、近所の人に分からないはずはない。特に高齢者や独居老人を悪質商法の 被害から守るには、近くに住んでいる地域の方に関心を持っていただき、勇気ある行動をお願いします」と書かせていただきました。

 嬉しいニュースが届きました。口田9丁目のHさんの勇気ある行動です。
 近所の高齢者が床下換気工事の契約をした後、なぜか不安になって契約解除を申し入れたそうです。とたんに業者は豹変し、大声で怒鳴り始めたとのこと…。

Hさんの勇気ある行動

 「おどりゃあ大の男を何じゃ思うとるんや。ええ加減にせーよ。タダじゃあ済まさんでぇ」と、脅迫まがいの言葉を羅列したそうです。

 それを耳にしたHさんは恐かったけど飛び出して仲裁に入りました。紆余曲折はありましたが、ともかく無事に済み高齢者は被害を免れました。「年寄を危ない目に遭わしちゃあいけんからの」とは、Hさんの弁。

 自分のことしか考えない世知辛い世の中に、Hさんのように勇気ある人が地域に居られるのは、何とも嬉しく、心強いかぎりですね。

悪質詐欺から身を守る5

【言葉巧みな点検商法】

上手な追込み

最近は「リフォーム詐欺商法」が話題になり、消費者も用心深くなっています。そう簡単にだまされるとは思えませんが、さらに巧みな手口を編み出すのが、悪徳業者たちの知恵です。

 「来週からご近所でリフォーム工事をさせていただくので、ご挨拶に回っています」などと、インターホーン越しに優しげな声が聞こえると、ついドアを開け てしまいます。そこでちょっと待った–。その前にご近所の名前と、工事業者名を確認します。残念な世の中ですが、この程度の用心は最低限必要です。

ついでに点検を

会社名や工事現場名を語らない挨拶は、怪しいと考えて要注意です。セールスマンは実直タイプ、優しいタイプが多く、しかも好感の持てる話し方をします。

 なんといってもプロですから。世間擦れしていない高齢者に取り入るのは簡単です。「せっかくですからサービスで点検を…」と持ち掛けられると、いやと断れない状況に追い込んでしまいます。

 それほど高度なテクニックではなく、実に単純なやりとりで取り返しのつかない被害をこうむるのが、リフォーム詐欺の実情です。

点検箇所の主役たち

代表的なチェック箇所は、屋根・外壁など外から見やすいところです。時期は台風の前後や、大雨が降った直後。一般的な住宅では多少の雨漏りは珍しくありません。ついその気にさせられるのも人情でしょうか

 地震のニュースが報道されると、耐震チェックなどは要注意。床下にもぐればしめたもの。構造部の腐食木材取り替え、白蟻の駆除・防除・耐震金具の取り付け。給水管の修理や下水管の洗浄など、商売のタネはいくらでもあります。

 知らない業者、初めて名前を耳にする業者なら、ドアを開けないで、きっぱり断る勇気が必要ですね。

とことんやられる

いったん工事をすると、感触の良かった高齢者宅を仲間に知らせるため、玄関近くの電気・ガスメーター、門扉や郵便受けに、目立たないマークをつけます。

 つまり「騙しやすい家」のレッテルを貼られるのと同じです。その目印を見て次から次へと、別のグループ会社が訪問し、数十万の工事を何回も時間を掛けて繰り返し、とことんしゃぶり尽くします。

 断る勇気とスキのない用心が、最低限必要です。同業の私には悲しいけど…。

悪質詐欺から身を守る6

【独居老人に思いやり】

独居老人を狙い撃ち

ひところ派手に取り上げられたリフォーム詐欺のニュースが、最近影をひそめていますが減ったわけではありません。珍しくないので、マスコミが取り上げないだけの話です。

 最近実施された京都府のアンケート調査によると、悪質リフォームの勧誘を受けた人は48%、そのうち断った人が70%、被害に遭った人は30%に上がっています。しかも、被害者は大半は独居老人です。

 訪問時の業者の最初の説明は「屋根の無料点検」がほとんどです。勧誘方法は「優しく親切」、次が「このまま放置すると危険」。業者が「無料」「親切」それに「不安をあおる」を契約までの手口にしています。

思いやりが被害を防ぐ

調査してみると天涯孤独の独居老人は少なく、近所に身内いる人がほとんどです。しかし、ひんぱんに行き来している人、無関心の人と暮らし方はさまざま。

 思いやりで接していれば、暮らしぶりに気付きがあるものです。無関心は被害を増大させます。

 最近は防犯錠を設置させる例も多く、簡単にドアが開かないようにすれば効果があります。大半の被害がドアを開けての面談にあることを考えれば納得できます。思いやりの一例です。

被害者に遭ったら

 電話相談で次のような事例がありました。「一人暮らしの身内が、訪問販売業者に勧められ、白蟻駆除と床下換気工事をし、140万円も支払いました。二度と被害に遭わないためにはどうすれば…」。

 幸い現在は一度だけの被害ですが、実は見過ごすと大変な被害につながります。

 一度成功すると、いわゆる「次々販売」のスタートです。まず定期点検、床下の補強、小屋裏のチェック、防蟻工事の再施工、屋根・外壁などの外装工事など、商売のタネはいくつでもあり、付け込まれます。

やっぱり思いやり

 断るのが一番ですが、そう簡単ではありません。何せ相手は騙しのプロですから、有効な防衛策は、現実にはないに等しいのです。

 ひんぱんに往来して暮らしの状況を熟知し、未然に防ぐ手立てをこうじる。

 近所の方にお願いして見守ってもらう。怪しいことがあれば連絡していただく。
 
 毎日、電話してコミュニケーションを取り、相談しやすい雰囲気を作る。

 頼りない話ですが、小さな思いやりの積み重ねが意外に効果があるものです。

悪質詐欺から身を守る7

手口の巧妙化 ~事例からの検証~

排水管洗浄は要注意

 地域の団体内を歩いていると、敷地の石積みの間が濡れているのを見掛けます。排水管の接続部分が、老朽化しているのが原因です。

 最近は接続部分の精度がよく、よほどのことがないと水漏れはありません。もし漏れていたら、他の原因によるものです。

 相変わらず悪質リフォームの話題はなくなりませんが、悪徳業者のアプローチの手口に「排水管洗浄のお勧め」が少なくありません。

 水漏れを発見した訪問業者に「放っておくと大変ですよ」と持ち掛けられると心配になります。

 高圧で排水管内を洗浄するのですが、物々しい割りには工事価格が一万円也ときわめて安値です。

最初は牙を剥かない

 しかも営業マンの物腰は柔らかく、律儀そのものです。「一万円くらいなら」と、つい気軽に注文してしまいます。無理もありません。その程度で安心が買えるなら安いものです。

 見過ごしがちですが、悪の牙は『契約の内容及び施行承諾書』にあります。なんの変哲もない一枚の書面ですが、工事内容と価格の下に「パイプ水漏れ点検及び床下点検サービス」と付け加えられています。

この一行がお客様宅へ出入りのフリーパスなのです。

見抜けぬ悪徳リフォーム

 排水管洗浄工事は、何事もなく完了。律儀に作業をし、仕事の割りには安値な工事代金にすっかり信用してしまいます。

 数日後、付帯サービスの約束を果たしに、ニコニコ顔で再訪問です。真面目な工事の直後ですから、疑いもなく簡単に点検サービスを受けます。さあそれからが大変。「床下が湿っている」と指摘され、簡単なやり取りの後に契約、即施行。

 床下換気扇は、市価の約8倍の18万円。3台取り付けと付帯工事を含めて総額45万円、現場取引値引き11万円。支払額は35万円です。

勇気を出して相談を

 その上に得体の知れない「床下攪拌システム」2台で30万円。更に現場取引追加工事で、部材費、工事費はサービスときた。

 まるでマジシャンのように、不要な工事で多額の工事代金を見事に回収。

 相談を受け、現場調査をしたのは一年後。詐欺的手口ですが、法律では罰を与えられない巧妙さでした。

 「知らない業者は相手にしない」「施行前に地域の専門業者に相談する」この2点が被害を防ぎます。

悪質詐欺から身を守る8

【情け容赦ない悪魔たち 豪雪地帯の高齢者を襲う】

除雪の人手不足に悲鳴

昨年から日本列島を襲っている寒波の影響で、東北、北陸、中部地方の豪雪による被害は深刻です。
死者も90人を越え、その大半が山間部の高齢者です。
閉鎖された新潟県と長野県を結ぶ国道405号は、陸上自衛隊の出動による除雪作業にもかかわらず孤立した集落の解消には至りませんでした。(1月16日現在)
倒壊の危険がある家屋の屋根の除雪作業は、陸上自衛隊員や自治体職員、それにボランティアの協力でも追っつかず、人手不足は深刻化しています。

驚いたことに高齢者の弱みに付け込む悪魔たちは、豪雪の被害地域にまで入り牙を剥いているのです。

親切を装い法外な請求

屋根の雪の重さに怯えながら暮らしている高齢者には、待ち兼ねた除雪作業員は仏さまです。
「やれ、一安心」と、ホッとしたところへ法外な請求書…。びっくり仰天です。

自治体の除雪作業登録制度などで、被害の範囲は広がらなかったのは、もっけの幸いでした。
秋田市内では自衛隊員が9日朝から、一人暮らしの高齢者住宅を回り、屋根や玄関先の除雪作業にあたりました。
「これ以上降らないで…」と祈るばかりの孤老には、正真正銘の「地獄に仏」だったでしょう。

事件の度に新しいネタ

豪雪被害地には、自衛隊員、自治体職員、ボランティアなど多くの人たちが救済作業にあたっています。
その網の目をくぐってでも高齢者を食い物にする悪魔たちの強かさを、決して侮ってはなりません。
悪徳グループによる耐震偽装事件が、アスベスト問題に続き、日本全体を不安に陥れています。
住宅リフォーム詐欺などは、事件が起こるたびに新しい手口を考え、商売のネタにします。
すでに多くの被害が出ていますが、耐震補強工事の訪問販売などは「要注意」ですね。なにしろ、雪でさえ利用する輩ですから…。

役に立たない注意喚起

悪徳業者らによる事件が起きるたびに、自治体やマスコミ、それに関係団体も注意を呼びかけます。
それでも被害者は増えるばかり、一向に効き目がありません。
特に高齢者の場合は、悲惨な事例が後を絶ちません。注意喚起以外に被害を防ぐ方法はないものでしょうか。

せめて一人暮らしのお年寄りを守りたいと、日々、ない知恵を絞ってはいるのですが…。嗚呼!

Plus One Message

悪質詐欺から身を守る8