人としての生き方を見つめ直す

地味ながら領収書の人生を 2007.11

卑しくない生き方

生涯の師と仰ぐ鍵山秀三朗さん(イエローハット創業者)は、月刊誌『致知』に巻頭言を寄稿されていますが、12月号に「人の生き方には二通りある」と人生を説かれています。

――もっと、もっとと際限なく求め続けて生きるのは「請求書の人生」です。寺社にお参りしたときなどは「お願いします」ではなく、「ありがとうございます」と、領収書のお参りをするように― と先哲から教えられた。求めるばかりではなく、いま与えられているものに感謝の心を持つ「領収書の人生」を歩めと言うことでしょうね。

人間は欲が深いのでなかなか教えの通りにはいきませんが、そうありたいと常日頃願っています。

豊かな人間の魅力

請求書の生き方をしている人は、目立ち勝ちで世間から注目されます。一方、領収書の生き方をする人は地味で、人目につくことはありません。

殺伐として精神が病んでいるような世の中です。それでも報いを求めず、ひたすら世のため人のためになる行いをしている人が数多く見受けられます。

その姿には卑しさは微塵もなく、むしろ人を惹き付ける清々しい豊かな人間的魅力を感じます。

そうした人たちを見るにつけ、勇気をいただいていますが、まだまだ請求書の人生を送っている― と実感する出来事がありました。

掃除用具が姿を消す

毎朝お掃除をさせてもらっているバス停などに、竹ぼうきや塵取りを置いています。その掃除用具が時々姿を消しているのです。
 

凡夫ゆえにその度に腹が立ち、心が騒ぎます。掃除する手に力がこもらず、つい雑になってしまいます。

快い朝を― と願っているのに、「おはようございます」のあいさつもなおざりになります。鍵山さんの巻頭言を味わいながら、まだまだ請求書の人生を送っている― と自戒の日々です。

もともと掃除という行いは謙虚であるべきはずなのに、心のどこかで「してあげている」という傲慢さがいつのまにか芽生えていたのでしょうね。やはり「させていただいている」境地にならないと偽者です。

どこかで生かされている

使い古しの掃除用具ですが、姿を消すのはどこかで必要とされているからでしょう。そう思えば、いくらか心が穏やかになります。

これまで廃棄処分にしていた使い古しの竹ぼうきなどを、地域の公園などに掛けさせていただいています。

領収書の生き方をしている人なら、きっと手にとって生かしてくださると信じています。その分だけ町がきれいになれば、そこで暮らす人々の心も和やかになれると思います。

いつの日か「ありがとう」に満ち溢れた「領収書の世の中」になるでしょう。

それには何はさておいても、自分からと決めました。

Plus One Message
hitotoshite-002

「土嚢ハウス」プロジェクトが過疎の地域でスタート 2007.10

広島大学より嬉しいお話

生涯の師と仰ぐ掃除の神様・鍵山秀三郎さんのご紹介で、広島大学・町田宗鳳教授(大学院総合科学研究室)から楽しい企画が持ち込まれました。

「大学院生と一緒に「土嚢ハウスプロジェクト」を企画している。『竹の子学園』活動の一端に加えられないか。一度、自分の構想を聞いてほしい」とのメッセージが届いたのです。

プロジェクトの目的は、
①家族関係の修復、
②地域社会の活性化、
③新たな共同体の創生、
④青少年教育、
⑤社会的不適応者の自立支援、
⑥団塊世代の社会貢献、
⑦エコロジカル・マインド
の促進にあると言われる。

いずれも現代社会が抱えている喫緊の課題ばかりなので、積極的に協力させていただく約束を即座に…。

過疎の他にハウスの花が

「年齢に関係なく生きている限り、未来に希望を持ち続け、具体的な行勒で示す責任がある」と先輩たちは言葉少なに語ります。

10月末には、直径3メートル、高さ5メートルの土嚢ハウスの試作棟が完成予定。まず一輪の花を『竹の子学園』に咲かせます。写真でしか見ていないので実感はわきませんが、過疎の地域にアラビア風の景色が誕生?

主なな材料はマサ土が8トン、土嚢が1200袋、他に有刺鉄線とセメントが少々。

町田教授の指導を重けながら、工事は進められます。

プロジェクト5ヵ年計画

高齢者や青少年たちが幅広く交流できる賑わいが、過疎のわがふるさとに創出できれば-と夢を…。

現在、五ヵ年計画を構想中ですが、先輩たちは口々に「その頃まで生きていればいいが…。夢の実現に残りの人生を懸けるのは悪くはない」と言ってくれます。

全員が年金受給者だけに「費用は少しずつ出し合えばなんとかなるよ」と、こともなげ。多くない収入を子供たちの未来や、地域社会の活性化のために役立てる生き方に共感しきり。

五年後、どんな地域に生まれ変わっているか。先輩たちの高い志は、必ず実ると信じています。

Plus One Message

「土嚢ハウス」プロジェクト

「ゆとり教育」の転換と「体験学習」の新たな試み 2007.9

「ゆとり教育」の転換

学習指導要領の改定を検討している中央教育審議会は、小学校で「総合的な学習」の時間を削減し、国語や算数などの主要教科の総授業数

を6年間350時間増やす方針を固めました。「総合的な学習」は、2002年から実施されてきた「ゆとり教育」の象徴的存在であっただけに、その

削減は教育方針の大きな転換を意味します。

「ゆとり教育」の理念は必ずしも悪くないと思いますが、基礎・基本の学力が定着しない段階で「総合的な学習」を導入したことに無理があった

という批判もあります。

いずれにしても教育方針の転換で、子供たちも教育現場も、しばらく混乱するのではないでしょうか。

小学生に農山漁村体験

時を同じくして総務、文部科学、農林水産の三省は、小学生に農家などで1週間程度の宿泊体験をしてもらう「子供農山漁村交流プロジェクト」

を、2008年度からスタートする– と発表しました。

初年度は都道府県ごとに10校程度をモデル校に指定。宿泊体験には毎年、一校から一学年ずつ児童を参加させるという方針です。

2012年度までに、全国的2万3千の小学校すべてに順次拡大する計画。

ねらいは子供の自立心や社会性を育む教育効果と合わせて、過疎化や住民の高齢化が進んでいる地域の活性化に役立てようというもので

す。何とも壮大な構想で歓迎・期待はしますが、またまた朝令暮改にならないよう願うばかりです。

実施には困難を覚悟で

既に5年前から実践している「親子農業体験塾」の経験から推して、役人が机の上で考えるほど簡単に成果は得られないと思います。

自分の子供が悪いのに、叱った教師のところに怒鳴り込む。なんでも学校のせいにして、損害賠償まで請求する。そんなモンスターペアレント

(怪物親)の存在が、大きな障害になりはしないか心配しています。

 安全な校舎の中と違って、自然は楽しいけど危険がいっぱい。万全の管理体体制を敷かないと、問題親とのトラブルに悩まされる場面が多く

なるでしょう。

役割分担が大切

自己中心的で規範意識の希薄な世の中、子育てに対する学校、家庭、地域の役割分担を明確にする必要があります。教育はすぺて学校の責

任とする風潮が増えていますが、親には親の責任、学校や地域にはそれぞれの責任があります。
 
親や学校の責任はさておいて、地域は子育てに対する希薄な意識を変える必要はないでしょうか。

1週間もの「宿泊体験」が実施されれば、送る側も迎える側も、地域の高齢者の役割が重要になります。

この機会に子育てに対する地域の責任を自覚し、高齢者の役割をきちんと果たしたいですね。

Plus One Message

「ゆとり教育」の転換と「体験学習」の新たな試み

みんな拾ってやる 2007.7

ごみを捨てるものは捨ててみろ みんな拾ってやる

チューインガムの紙が捨ててある
チョコレートの包み紙が落ちている
キャラメルのはこ
アイスクリームのはこ
花火のくず
だれかがみんなポイと
平気で捨てたのだ
ごみをなくしよう
ごみを拾おう
外でおやつを食べないようにしよう
今まで何回も考えあってきた
学級会でも校内委員会でも子供会でも
でも ごみは ほとんどなくならなかった 
どうしたら ごみがなくなるだろう

と あれこれ考えてきたがわからなかった
 
だけど 赤江くんや井上くんが
すばらしい方法を教えてくれた
「ごみを捨てるものなら捨ててみろ
みんなぼくたちがひろってやる」
という方法 このかまえ
そうだ! これがあれば
学校のごみなんか
姿を消すだろう

町のごみだって 
なくすることができるだろう
 
どうして ごみをなくするか
あれこれ 話し合ってみるのも大切だろう
どうして よくごみを捨てるのか
考えあってみるのも 大切だろう
だけど それより
「ごみくらい みんな ぼくらが拾ってやる」
と さっそく実行にうつしていることが大切なんだ
「ごみを捨てるものは捨ててみろ!

ぼくら6年生がみんな拾ってやる!」
さあ せめて 学校の中ぐらい
ごみを なくしてしまおうではないか

小学校の校長先生と菩提寺のご住職との教育談義。

ご住職が問いかけました。
「先生のK小学校は掃除が行き届いているという評判ですが、理由があるのですか?」

校長先生が笑顔で答えます。「赴任してきた頃は、廊下にごみがたくさん落ちていました。気になって毎日ゴミを拾いましたが、20や30のごみでは追い付きません。

あるとき、遠い町の小学校6年生が書いた詩を見つけたのです。

その詩とは『ごみを捨てるものなら捨ててみろ みんな拾ってやる』という題名でした。

効果抜群!子供たちがごみを拾いはじめたのです」

ご住職が告げました。

「すばらしい教育です。みんな拾ってやる– のひとこと。仏教では布施行といいます。

Plus One Message

みんな拾ってやる

世のため 人のために 己の時間を使う 2007.6

365日をどう過ごす

わが国は世界一の長寿国であるが、平均寿命の伸びもさることながら、平均余命は急速にのびている。

 65歳の平均余命は18年だから、定年退職後は23年も生きなければならない。己のためだけに生きるとすれば、時間の使い方に戸惑う人が多い。

 高校時代の同級生は愚痴をこぼす。お互いに古希を迎えたが、特に身体の故障はなく健康な日々だ。彼は積極的な社会参加型タイプ。リーダーシップもあり、地域社会に欠かせない存在だ。

 活動範囲は、同年輩に比べて広い。高齢者へのケアサービス。子供たちへの自然体験・農業体験のサポート。老人会のお世話、伝統芸能の保存活動などなど…。
 だが、フル回転しても60日しか埋まらない。残りの300日をどう過ごせばよいのか―途方にくれている。

健常高齢者の活躍舞台

とかくの批判はあるものの、わが国の行政は弱者に手厚い。林立するデラックスな特養老人ホームなど見ると、なぜか違和感を覚える別世界の感がある。

 一方健常高齢者に対する行政の措置は、きわめて冷淡に思えるがいかがだろうか。助成金まがいの経済的支援は不要だろうが、生きがいある舞台作りは、弱者の救済と同様に、行政の大きなテーマと思われる。

 日本の高齢者は他国に比べれば、衣食住とも恵まれている。十分とは言えないまでもつつましく暮らせば生活にさほど困難はない。

 高齢者の大半は<金持ち><知恵持ち><時間持ち>といえよう。せっかくの宝物を使わず、朽ちさせるのはもったいない。願わくば世のため人のために生かしてほしいものだ。

 高齢者たちが運営している親子農業体験塾『竹の子学園』が、新しい子育ての舞台として、マスコミなどから注目されている。

 創設から5年目になるが、過疎の農村を活性化する起爆剤になろうとしている。

 世話人は7組の夫婦だが、平均年齢は70歳を超える。世話役のリーダーは竹下員之さん(77歳)で、現役時代は農協職員…。

 役割は750坪の農園管理と、子供たちの自然体験・農業体験指導である。

損得を越えた世界

 運営システムは異色で現実離れしている。まず、労力提供はすべて無償。しかも、行政の経済的支援は受けない。必要最小限の費用は、参加する親子が負担して塾は成り立っている。

 個人差はあるが、多い人で年間60日分も労力を提供しているという。 

 彼らの受け取る報酬は金銭でなく、生きがいで、過疎活性化の使命感が支える。己の時間と身体を使って、見返りを求めず役に立ちたい― その行いは神々しい。

 舞台があれば高齢者は蘇り、持てる能力をフルに発揮、素敵な生き方ができると思うが如何だろうか。

Plus One Message

世のため 人のために

何もしなければ何も得られない 2007.5 

ウイルス肝炎の現状

近年、生活環境の変化によるものか、癌の罹病率が高くなっています。早期発見と医学の進歩により、死への恐怖は少しは薄らいだものの、やはり癌は恐ろしい。

とりわけ、肝臓癌の予備軍ともいわれるウイルス肝炎(B型、C型)の患者数は、350万人と推測され、由々しき問題です。慢性肝炎から肝硬変、肝臓癌に進行する率が高いだけに、本人はもとより家族の心配も並大抵ではありません。

平成18年6月16日、最高裁判所は「わが国のB型肝炎の蔓延は、国の行政に責任がある」と、判決を下しました。

 ウイルス肝炎の患者の大半は、自ら防ぎようのない原因で感染しており、早急に総合的な対策が国に求められています。

 しかし、行政の対応は極めて鈍くお粗末で、患者やその家族の救済には程遠い現状にあります。

患者の声を国会へ

 自分の不都合がある時は、不平・不満を並べ立て、声高に行政の批判で終わる傾向にあります。しかし、それだけでは何の解決にもなりません。まずは行動です。

 大江雅雄さん(72歳)は、数少ない行動派の一人です。ウイルス肝炎の患者や家族の声を国会に届けるべく、活動を始めました。

 「ウイルス肝炎総合対策の推進を求める国会連絡会」に加盟し、広島では只一人署名活動に没頭…。

 特別の人脈もないことから、自分の知己を回って400筆、その他協力を仰いで計1000筆の署名獲得を目標に、昼夜を問わず奔走。

 己を捨てて他のために―と尽くせば天は必ずご褒美を下さる。目指した1000筆をはるかに超える8670筆もの署名が、わずか2ヵ月で集まったのです。

 大江さんは「夢かと仰天し、心の中では飛び上がって狂喜しました。信じられない驚愕の署名数で、何が起こったのか判らない感じで、只々呆気にとられました」と話しておられました。

 署名の数は目標に過ぎず、目的はウイルス肝炎に感染した患者に対する国の支援です。国会議員たちの有様を見ていると、荊の道はこれからでしょうね。大江さん、頑張って!

限りなく続く喜び

 第一線を退いた後の余生で、これほどの喜びがあろうとは―大江さんのしみじみした述懐…。

 何もしなければ何も得られない。外に向かって一歩を踏み出すだけで、尽きぬ泉の水を汲むように喜びが次々に得られます。

 いま大江さんは、地域の小学校の通学路を清掃しながら、登校する子供たちに「おはようございます」とあいさつする活動を続けておられる。即座にかわいい声で返事が返ってくる。とても微笑ましい光景です。

 子供たちの笑顔は、高齢者には何よりの喜び、生きがいになるでしょうね。

Plus One Message

何もしなければ何も得られない

限りある余生をどう使うか 2007.4

健康長寿の秘訣

90歳を超えてなお矍鑠(かくしゃく)として活躍している高齢者が、年を追うごとに増えています。

 最近ご縁のあった97歳の馬杉次郎さん(大阪在住)は、現役のマラソンランナーとして有名です。

 86歳のときホノルルマラソンで42.195kmを完走しましたが、現在でも朝の日課として10kmを走っています。

 古希の励ましとして贈られた色紙に「仕事は命ある限り」と、墨痕鮮やかに書かれていました。

 とは言っても、現場でいつもでも仕事をしていては若い人の邪魔になります。

 私流に解釈すれば、家に引きこもらないで、積極的に社会参加をしなさい━ と言

う教えだと思います。

 残り少ない人生の時間を、自分のためだけに使わずに世のため、人のためにも役立たせる意味でしょうね。

見返りを求めない尊さ

75歳の三島清一さん(安佐北区在住)は、平成17年1月1日からJR芸備線の駅清掃に連続百数十週参加しておられます。

 清掃の範囲は安佐北区高陽地区の矢口、玖村、下深川、中深川、上深川、狩留家の6駅です。

 利用者の邪魔にならないように、早朝の午前5時から始めます。まず最初にトイレをピカピカに磨き、次いで待合室、ホーム、駅前広場を清掃…。時間が余れば線路に降りて、タバコの吸殻など拾います。

 清掃は週1回、土曜日の午前5時から6時までですから、乗降客も少なくほとんど人の目に触れません。

 だれからも褒められる訳ではなく、もちろんどこからも報酬をいただくこともありません。何一つ見返りもなく、人の嫌がる行いを黙々と続けるだけです。

 世の中で何が一番尊い行いなのか。それは見返りを求めないで、世のため、人のために自分の時間を使うことだと思います。

 病気をしないで働かせていただけるのは、案外、この辺りに理由があるようです。心の中の秘かな達成感のようなものが、高価な健康食品などに負けない価値を生むのでしょうね。

後に続く人を育てる

4月の第1週の土曜日、新入社員の男子2名がJR駅清掃に参加しました。

 三島さんは若者たちを前に、自分の体を動かしながら、掃除の意義を説明し、用具の使い方、掃除の進め方など指導されました。

 人生の先輩には、後に続く若者を育てる責任があります。新入社員にはトイレ磨きなどは、おそらく想定外の行いだったでしょう。

 それでも親切で丁寧な指導に、生き生きと積極的に参加していました。

 三島さんの行いを、寝ていたほうが楽ではないか━ という人もあるでしょう。

 しかし、限られた余生の使い方としては、神の如き行いだと思うのですが…。

Plus One Message

限りある余生をどう使うか

素晴らしい子供たち 2007.3

あとからくる者のために

昨年98歳の生涯を終えられた仏教詩人・坂村真民先生は、人としての生き方を詩に託して、多くの作品を後世に残されました。その一つをご紹介します。

あとからくる者のために
苦労をするのだ
我慢をするのだ
田を耕し
種を用意しておくのだ
あとからくる者のために
しんみんよお前は
詩を書いておくのだ
あとからくる者のために
山を川を海を
きれいにしておくのだ
ああ あとからくる者のために
みなそれぞれの力を預けるのだ
あの可愛い者たちのために
未来を受け継ぐ者たちのために
みな夫々自分で出来る何かをしていくのだ

後輩たちのために

平成19年3月7日、落合小学校の6年生88名は、寒波が後戻りしたような寒い日にもかかわらず、汚れた便器を抱き抱えるようにして、ピカピカに磨き上げました。
赤くかじかんだ小さな手に、スポンジやたわしを握り締め、夢中になって1時間も汗を流し続けたのです。
がんばっている姿は、まるで稚児地蔵のように尊い背中に見えました。
今年で7年も続いている「卒業記念トイレ磨き」と称する同校の伝統行事の一つです。

平成13年3月、「6年間お世話になったトイレを後輩のためにピカピカにして卒業しよう」という6年生たちの熱い思いが、教師や地域の人たちの心を動かして実現しました。
全国に先駆けた実践は後輩らにも受け継がれ、今日では同校の新しい伝統となって、全国の小学校や中学校にも広がっています。
自己中心のわがままな子が増えて困る― と、親や教師の愚痴も聞こえますが、どうしてどうして… 逆に大人が見習わねばならない子供らがたくさんいます。
「後輩たちのために」何と素晴らしい言葉でしょうか。

生き方を省みる

景気が良いと言われながら、なぜか裾野に届かず不平・不満が鬱積する世の中になりました。
暮らしの格差もすべて国や社会に原因があると声高に主張する人が増えています。

ほんとうは自分のことは自分で解決するのが当たり前なのに、権利ばかり主張し、義務や責任を負いたくない人の多いことか! 
小学生だって「後輩のために…」と、誰もが嫌がる黄色に変色した便器磨きに自分の汗が流せるのです。

一人前の大人なら、せめて「自分は世のため、人のために何が出来るか」くらいは考え、少しでも行動に移したいですね。
それだけで生き方が変わり、世の中に心地よい風が吹くと思うのですが…。

Plus One Message

素晴らしい子供たち