バックナンバー

No.7 ~小さな実践の積み重ねこそが子供を育む~

No.9 ~春を待つ「ゆとり教育」活用の"大自然"~No.9 ~春を待つ「ゆとり教育」活用の"大自然"~

  65歳からの挑戦.gif親子農業体験(志路・竹の子学園)物語.gif  木原伸雄.gif春を待つ「ゆとり教育」活用の“大自然” ゆとり教育」見直し表明?   昨年12月15日付の全国紙朝刊トップに、中山成彬文部科学大臣が「ゆとり教育」を反省し、新学習指導要領の全体的な見直しを進める考えを表明― と大きな活字が躍った。   きっかけは、同日付で発表の小・ 中学生を対象とした「国際数学・理科教育動向調査」(TIMSS2003)で、中学2年の数学の平均得点が1995年に比べてダウンするなど、学力の低下が大きいことを問題視した発言のようだ。   児童・生徒の学力低下の傾向は、 高校1年の読解力の低下が明らかになった経済協力機構(OECD)の学力調査(PISA)に続く事実。   中山文科相が「とても世界のトップレベルと言えない状況を、厳しく受け止めないといけない」と、危機感を持つのも不思議ではない。   遠山敦子前文科相は「ゆとり教育」の実施で学力の低下はあり得ない―  と強弁していただけに、見直しを表明した勇気には一定の評価をすべきであろう。ただ、何を見直すのか? 「余裕を持って基本的なことを教え、自ら考えられる前向きな子供たちを育てる」という「ゆとり教育」 の基本理念を変えようとするのだろうか? 中山文科相のねらいは、学習指導要領の見直しや競争原理の導入などで「世界トップレベル」の学力を取り戻すことにあるらしい。 「ゆとり教育」の理念は正しい   2002年4月、賛否両論渦巻く中で半ば強引に「ゆとり教育」が実施され、教育現場を大混乱させたことは記憶に新しい。その時からたった3年足らずで、日本の学校教育は時代に逆行する方向に進むようだ。   新しい教育理念を消化しきれなかった学校教育の現場に問題はないのか? もともと子供の教育は「学校と家庭と地域がセットになって初めて実効が挙がる」と、18年前の中央教育審議会会長だった有馬朗人・元文部大臣がズバリ答申している。   家庭教育力の復活に問題はないのか? 地域社会の教育機能も疑問ありだろう。極めて大切なカギを置き去りにしたまま、教育行政の再々迷走は迷惑至極だ。被害者は子供たち側で、危ぶむべきは日本の将来だ。   詰め込み教育に問題あり― として「ゆとり教育」に大転換したはず。学力低下が顕著になったから、再び競争原理を取り入れようとするのはあまりにも短絡的すぎるのでは…?   子供たち自身の意思で「競う」ことは構わないが、教育行政の方針で「競わせる」のは誤っていると思う。   むしろ「自ら課題を見つけ、主体的に判断し、問題解決能力を育てる」方向が、学習意欲を高めていくはずだ。「ゆとり教育」の欠落している部分を補いながら、その長所を伸ばせば、学力アップの近道にもなると思うが、いかがだろうか。 生活体験の「詰め込み」が必要   東京都町田市立つくし野小学校の中野幸子教頭は、「『南はどっち』と尋ねても今の子供たちは分からない」と嘆く。授業は、乏しい自然体験を前提に、驚きや発見を体感することを目標に、各教諭に児童の感性を育てるよう求めている― という。   自然体験を見直し、その重要さに着目したい。「ゆとり教育」の実施で、子供らが自然・生活体験できる時間は増えた。その時間を有効に工夫・活用した自然・生活体験の提供こそ地域社会が担うべきだと思う。   子供らにとっては、新鮮な大自然の中で生活体験を積めば、やがて勉強に取り組む意欲に直結するだろう。その成果として、「競争心」を他に強いられず自ら育て、必ずや学力アップにもつながると思う。   その一環として、親子農業体験塾《志路・竹の子学園》がある。子供の教育に対する地域社会の責任を果たす目的で開設した。幸いにも多くの支援者や、真に子供の幸せを願う親らの熱意で、徐々にその効能と成果を見せつつある。うれしい限りだ。   こうした取り組みは学校で行うのが理想だが、学習時間の短さが障害になり、現実問題として無理なようだ。高齢社会に突入した現在、本当の〈金持ち〉〈時間持ち〉〈知恵持 ち〉のシニアは急増している。  彼らの潜在能力を活用すれば生きがいづくりになり、「ゆとり教育」の理念を生かす絶好の手段となる。   着々進む農業体験塾の環境整備   今年も元旦午前零時、故郷の氏神様である宮崎神社へ、恒例の初詣でに出向いた。帰途《竹の子学園》の農場に立ち寄ったが、辺り一面の銀世界。春を待つイチゴやタマネギは雪の下で息をひそめていた。   春になればこの過疎の地も、第二期の塾生親子で賑わうだろう。ささやかな実践ながら、もしかしたら新しい教育の道を開くかもしれないと思い描くと、老いた胸も躍る。   《竹の子学園》は4月まで冬休みだが、子供らのため教育環境の整備は休むことなく、現地のシニアたちの尊い尽力で着々と進んでいる。   砂利を敷いた遊歩道は、転んでも大怪我をしないように突き固めた。滑り台や鉄棒など遊具の周辺は、石やコンクリートを除去し、まさ土が盛られた。倒木を活用して滑らないように、階段もそこここに設ける。   竹林にはロープを張り、子供らが自由に冒険できる環境づくりも計画中。これらは現地シニアと保護者らの共同作業で実現させたい。   自然を生かした教育の環境整備は、さらに充実させる。実に楽しい夢ある春を迎えられそうだ。   すべては「ゆとり教育」の欠陥是正に一役買う志で前向きに臨む。小さな実践の積み重ねこそが子供を育む

大人にとって子供は最高の教師

「子供らが農業を実体験することで、額に汗して働く大切さ、自然の恵みの偉大さを知る。農作物を育てながら、命の不思議さと尊さも学ぶ。感謝や報恩の心を養う。成長期に自然と共生する暮らしを体験できれば、子供らの豊かな人格形成にも必ず役立つ」…。高邁なる理想を掲げ、現地の協力を得て踏み出した親子農業体験塾《志路・竹の子学園》。

だが、目的・趣旨はもっともながら、己の未熟さもわきまえぬ傲慢なスタート時の意気込みを省みている。第一期の終了を控えた今、冷や汗をかく思いで、実に恥ずかしく思う。

傍目には順調に進んだかのように見えるが、羅針盤のない船が航海しているようなもので、実際には危なっかしい日々を過ごしてきた。

確かに、勇気ある試みとして、一部の方から高い評価をいただいた。だが、内実を明かせば何もかも結果オーライ…。入塾された素直な子供ら、理解ある保護者、それに献身的な協力を惜しまぬ郷里の諸先輩らの支えが、評価のすべてである。

年甲斐もなく、『ゆとり教育』を進める教育行政に憤慨して、「俺がやらねば…」と力んだわけだが、使命と役割を果たすどころか、逆に子供たちから教わることが多かった。

「今どきの子供たちは…」と世の大人たちは愚痴をこぼすが、「今どきの大人たちは…」と逆にそしられ
ても仕方がない。それほど子供らは大人にとって最高の教師といえる。

五月の塾で子供らが泥んこになって田植えをした成果が今秋、黄金の稲穂になって姿を見せた。今年は絶え間なく台風が日本列島を襲い、全国各地で大きな傷跡を残した。だが、幸運にも《竹の子学園》の稲は、豊作と言えないまでも、たわわに実ってくれた。農場管理などに行き届いた〈つくしクラブ〉の皆さんによる丹精込めたご尽力の成果である。

 

感動と歓声の稲刈り初体験

大自然が今年一番の秋晴れで、子供らを迎えてくれた10月17日のこと。稲刈り体験に先立って、まず第2農場でサツマイモやサトイモの収穫作業に取り組んだ。oyako_07_01

稲刈りは、昔ながらの鎌で直接刈る方法で汗を流す。竹下員之先生の指導で進められた。手作業だけに一日かかって大人で120㎡しか刈り取れない。親子50人が総がかりで1時間、やっと4分の1ほど。稲を刈って束ね、はでに架け自然乾燥させる。程よい時期に脱穀し、籾のまま保存するのが40年前の収穫法だ。

現代の農業はすべて機械化され、稲刈りから脱穀までコンバイン(自動稲刈り脱穀機)が代行作業してくれる。従って、子供らの稲刈りも疑似体験に等しいかもしれない。
oyako_07_02
だが、自分が植えた苗を成長まで慈しみ、最後の刈り取りに至る一連の作業は尊い。オレンジハットをかぶり、班分けの鮮やかなバンダナを首に巻いて立ち働く姿も、揺れる黄金の波とよくマッチして、美しい。

一段落した時点で、コンバインによる作業に移る。同乗を望む子供らの行列が出来たほど。竹下先生は一人ずつ膝に乗せ、稲を刈りながら田んぼを一周。子供らの歓声が青空に響く。全塾生が同乗体験を終えた頃は、日も傾き、影が長くなっていた。

 

美味! おやつのふかし芋

oyako_07_03
子供らが稲刈りに歓声を上げていたころ、〈つくしクラブ〉の女性グループは、午前中に掘ったサツマイモのふかし作に余念がなかった。

今年は好天に恵まれて、予想外の豊作。周りを丹念に掘り進めば、1本のつるに7~8個のサツマイモが連なって姿を現す。小学低学年には、持ち上げられないほど重い。

「みんな家族みたい!」とはしゃぐ。あわててつるを引っ張ると、芋は姿を見せてくoyako_07_04れない。手を抜くと必ず失敗する。勉強と同じで、一つ一つ着実に手順を踏むことが大切。

大地が舞台の体験はすべてが学びにつながる。泥んこになっても、失敗しても、保護者らはニコニコして躍動し瞳を輝かす子供らを見守っている。大自然のやさしさに包まれると、人の心は限りなく穏やかになり、癒やされる。親子の微笑ましいシーンが至る所で展開され、印象深い。

台風被害のとばっちりで野菜の価格が高騰し、今回の収穫作業は実利面でも大きく貢献したようだ。子供らは農業の実体験を通して、豊かに成長している。次回は感動あふれる「卒塾式」の模様をお伝えしたい。

いる。