社長メッセージ

高齢者のための《ほっと&スマイル》サービス

平成27年11月

創業五十年を迎える

昭和四十年に創業したマルコシは、本年で五十年を迎えました。零細企業がリフォームを商売として今日まで生き長らえたのは奇跡としか考えられません。すべてお客さまあればこそ、愚直に歩んだ日々が認められたのでしょう。お客さまの温かい「絆」、地域と共に歩んだ「絆」が評価されたと自負しております。リフォームの仕事を通して最近感じることは、高齢者の独り暮らし、二人暮らしのお住まいが増えたことです。同時に加齢と共に小さな暮らしの不自由も目立つようになりました。五十年を機にご恩返しの方法を考えてみました。その結果、生まれたのが高齢者のための「ほっと&スマイル」サービスです。

 

困り事はすべてどうぞ

便利屋さんのチラシも折り込みで入っていますが、知らないところはちょっぴり恐さがあります。その点マルコシなら安心できるのだが、というお手紙をいただきました。それならばと意気込んだもののノウハウも経験もありません。しかし、手をこまねいていては前に進みません。ともかく思い切って始めることにしました。経験はありませんが若い新入社員が困り事を引き受けてくれました。でも失敗続きです。

 

出来ることからコツコツ

担当の村田大志は経験も技術もありませんが、ひたすら愚直にお役に立ちたいという思いは誰にも負けません。失敗にもめげません。ご依頼に応じて少しずつ道具をそろえています。採算などもとより度外視です。お客さまのお役にたてばいい、喜んでいただければいい、それだけの思いで取り組んでいます。しばらくは広い心で失敗をお許しいただき、若い社員を育ててやってください。お客さまの安心・安全の暮らしが出来る町づくりを目指しています。お客さまのご理解でビジネスになるようよろしくお願いします。