スタッフブログ

台風への備え 

投稿日:2020.09.24 | コメントをどうぞ

はじける笑顔の山野幸恵です。

リフォームの工事は、多岐にわたります。

住まいの不具合の解消や予防など、お客様が何をどのように

快適に暮らししたいかをお聞きした上でご提案させていただきます。

 

今回は、北側の窓を台風予防のために面格子を取り付けるリフォーム工事をしました。

せっかく面格子をつけるのであれば、西日が強い場所なので、

可動式ルーバーの付いている面格子をご提案させていただきました。

 

日頃、お伺いさせていただいているときの会話では、

「西日が強い」

「台風が来た時に寝室なのでガラスが割れないか怖い」

とお聞きしておりましたのでこのデザインの面格子をご提案いたしました。

 

ちょっとした会話からお客様の不具合解消の糸口が見つかるとうれしいですね。

様々な提案ができるように商品知識をしっかりと持っておくことを日々心掛けています。

 

 

 

GoToトラベルキャンペーン

投稿日:2020.09.23 | コメントをどうぞ

 

木原愛一郎です! 

広島では新型コロナも少し落ち着きを見せているのでしょうか?

一時期に比べれば報道の度合いも減ってきたように感じます。

更にはメールやlineで『GoToトラベルキャンペーン』の案内がよく届きませんか?

私は楽天カード会員なので、今までも遠くで頑張っている子供たちに

逢いに行くときなど、何度かホテル予約もしたことがありました。

残暑の季節も終わり少しずつ秋めいてきた今日この頃です…。

カード利用やホテルの割引、現地で使えるクーポンもあるみたいですから、

家族サービス含めて、考えてみようかと思っています。

 

 

 

 

 

心を込めて玄関リフォーム!

投稿日:2020.09.15 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回は、玄関ドアリフォームの現場レポートです。

お客様から玄関ドアを開け閉めするのに、枠とこすれて動きが悪くなったとご相談が。

お伺いしてみると、地盤の影響も有り玄関ドアに傾きが出てしまっていました。

これでは、毎日の開け閉めが難しいはずです。

玄関ドアや周りのタイルを壊して取替えるのではなく、

一日の施工で玄関ドアをリフォームする「ドアリモ」を提案し、ご採用いただきました。

しかしこのドアリモ、施工は一日ですが、

その為に重要になるのが職人さんとの事前の調査・採寸とおさまりの打ち合せなんです。

この、入念な事前調査・打合せがなければ一日で美しく完成させることは不可能です。

今回の現場は、歪みや傾きも有り、腕の見せ所です。

細かい所まで職人さんと打合せしながら、どうしたら美しく見えるかを考えていきます。

デザインや色味のお客様との打合せは私の担当。

「今の家の雰囲気に違和感無く解け込みながら今より明るい雰囲気に」が奥様のご希望です。

いざ、工事が始まると必要なパーツの加工という一手間も加えながら、職人さんが心を込めて仕上げていきます。

奥様の「これなら、毎日玄関を通るのが嬉しくなる!」が最高の褒め言葉です。

玄関は毎日使う所で、お客様をお迎えする「家の顔」。

お宅の最高の「顔」になるよう心を込めてリフォームさせていただきます。

 

瓦の凍害

投稿日:2020.09.14 | コメントをどうぞ

 

卓球を愛して35年。江原 文男です。

凍害とは、

屋根材中の水分が0℃以下になった時の凍結膨張(水が氷ると体積が大きくなる現象)によって発生するものであり、

長年にわたる凍結(氷ること)と融解(融けること)の繰り返しによって屋根材の材料が徐々に劣化することです。

水が氷る際、自由に膨張できる場合には、約9%の体積膨張をします。

材料の中の小さい空隙の水が氷るとき、自由に膨張できない場合、空隙の壁に圧力が作用して、

材料の強度を超えたときにひび割れが生じます。

ひび割れが拡大していくとやがて、剥がれなど屋根材の機能を低下させる劣化と発達していきます。

写真は瓦の一部分が劣化し、形を成さなくなった状態です。

 

台風の季節 ~そなえは大切~

投稿日:2020.09.11 | コメントをどうぞ

はじける笑顔の山野幸恵です。

台風10号が広島から少しそれてくれたおかげで、この地域の被害はほとんどなく

外構・外装工事をしている現場は、通常通りお仕事をさせていただくことができました。

進行中の外構工事は骨組みまでを済ませ、台風に備えました。 

台風が去ってから屋根のパネルをつけて無事完成です!

 

おうちのメンテナンスというと、水漏れがないかや設備機器がきちんと動くかなど

日常生活のことに目をむけることが多いですが、普段見えない屋根も定期的な点検が必要です。

 

「大型の台風が来るから見てほしい。」とご相談をいただいても

すぐに対処することが難しいのが現状です。

台風の進路予想が出てから動き出しても遅いので、“備えあれば憂いなし”!

早め早めのメンテナンスをすることで安心して過ごすことができるようになります。

 

9月1日は「防災の日」でしたね。

万が一のための防災グッツも同じような役割をしています。

もしものことが起こっても冷静に行動できるように家族内での話も大切ですね。

 

今回は、台風が過ぎてから屋根点検をしてほしいとご要望がありましたが

特に異常はなかったのでお客様にも安心していただけました。

 

この機会に、お家の中と外を見回してみてはいかがでしょうか?

 

心を込めて屋根工事!

投稿日:2020.09.04 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回は、屋根の雨漏り補修工事の現場レポートです。

 

今年は梅雨で大雨が続き、雨漏り補修のご相談を多くいただきました。

しかし、弊社は信頼ある屋根屋さんへしか仕事の依頼はしないので、

少々お待ちいただくことに…。台風までに何とか間に合いました。

お待たせして申し訳ございません。

 

雨漏りの補修は、なぜ雨漏りがしたのか、問題点を現場の状況を判断しながら見つけていきます。

  

その時は、私も屋根の上に上がって、職人さんと作戦会議。

少しの問題も見過ごさないように、職人さんと意見を述べ合います。

ですから、信頼ある屋根職人さんでなければならないという訳です。

 

せっかく工事をさせていただくのですから、お客様に安心をしていただきたい。

職人さんとそんな思いを同じくして、雨漏り補修工事を進めております。

 

 

 

 

浴室増築工事完成

投稿日:2020.09.02 | コメントをどうぞ

はじける笑顔の山野幸恵です。

元は、浴室が1115サイズのユニットバス。

洗面所も0.75坪なく、

横幅50㎝のコンパクトな洗面化粧台と

64㎝の洗濯パンを設置してあり、

洗濯機も設置できる商品を選ばなくてはいけない窮屈な空間でした。

 

今回は、90㎝外に増築して、浴室は

1115サイズ(1100mm×1500mm)

1216サイズ(1200mm×1600mm)

のユニットバスに変更し以前より10㎝ずつ室内が広くなりました。

 

洗面所は1坪より少し広めに。

洗面化粧台は50㎝→75㎝へ、

洗濯機のスペースは64㎝→68㎝を確保しても、

30㎝の収納BOXが置けるようになりました。

 

トイレも約40㎝広くして立座りが楽にできるようにしました。

早く使っていただけるのが楽しみです。

只今、最終仕上げの外構工事中です!

 

コロナ禍の変化

投稿日:2020.08.31 | コメントをどうぞ

 

大きな体に広い心、三代目若社長の木原です。

コロナ禍においてはさまざな変化を強いられることもあります。

そんな中、一つの工夫を見ることができました。

 

『餃子の王将』

美味しくてリーズナブルでウチの子供達も大好きです。

以前は二か月に一回くらいは食べに行っていました。

最近は何となく外食も減り内食(購入したものを家で食べる)が増えています。

たまたま、店舗の前を通りがかり餃子食べたいぁと思い購入。

夕食には少し早い時間とはいえお客さんもまばら。

レジにて持ち帰りを注文したら店員さんがこの札をフロントガラスに掲げておけば

車に持ってきてくれるサービスを案内されました。

以前持ち帰ったときはずっと待合で待っていましたが、、、、

これもコロナ禍におけるサービスの工夫ですね。

環境変化に対応したサービスを学んだ待ち時間となりました。

生餃子、家で焼いて美味しくいただきました。

アプローチをリフォーム!

投稿日:2020.08.26 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回は、アプローチの工事を施工させていただいた現場のレポートです。

 

既存は、飛び石が配置されていたお玄関へのアプローチ。

お客様もお年を召され、飛び石の間隔と歩幅が合わなくなり、「どうにか出来ないか?」

とご相談をいただきました。

そこで、ご提案したのが板石。

せっかくのアプローチ、見た目も高級感のある白御影石の板石をご採用いただきました。

これなら、歩幅の間隔や段差も気にすることがなく安全に通ることが出来ます。

 

ちなみに、敷石のデザインには代表的な3種類があるそうです。  

                 真(規則どおりに四角四面にきっちり作ること)

                 行(規則を守りながらも一部変化を見せるように手を加えること)

                 草(自由な発想のもと自分を表現すること)

だそうです。

 

今回は、真のデザインです。

伝統的な敷石の3種類のデザインは、日本庭園の最高傑作と称される桂離宮で見れるそう。

ずっと、桂離宮の参観をしてみたい私ですが、ますます行ってみたくなりました!

 

余談ですが、お客様の愛犬(豆ちゃん)もこの板石を気に入っていただけたご様子。

写真を撮りにお伺いしたら、気持ちよさそうに板石の上でお昼寝していました(笑)

 

トイレ工事

投稿日:2020.08.24 | コメントをどうぞ

はじける笑顔の山野幸恵です。

次世代住宅ポイント制度も8月末までとなりました。

コロナの影響で当初申請は3月末までの予定でしたが、申請手続きも8月末まで延長されました。

マルコシで工事をさせていただくお客様もコロナウイルスが蔓延してくる中で、

工事を延期されたお客様が何名かいらっしゃり、この時期での工事となりました。

 

今回のお客様は、お盆前に施工させていただきました。

節水トイレと手すりの設置をして、子供さんたちが帰ってくるときには

きれいにしておきたいとの思いで8月工事を決断されました。

 

コロナウィルスが全国的にも増え続けている状況から、子供さんは今年のお盆帰省を諦めたとのことで、

少し残念がっていらっしゃいました。

「早くトイレがきれいになったのを見せたいな~」と帰省を待ち望んでいらっしゃいます!

一日も早い終息を祈るばかりですね。

1 / 8012345...102030...最後 »