スタッフブログ

雨降りの楽しみ方

投稿日:2020.07.08 | コメントをどうぞ

はじける笑顔の山野幸恵です。

梅雨も後半になり、各地で大雨、洪水、土砂崩れと災害も多く起こっています。

一人ひとりが早めの避難、身を守る行動を心がけることが大切ですね。

 

梅雨の時期にイメージするのは? と聞かれると私は、アジサイとかたつむりが思い浮かびます。

雨の日にブロック塀を覗き、カタツムリを探すのはこの季節の私の楽しみの一つ。

雨を喜ぶカタツムリがお食事に出歩いています。

ブロック塀のカルシウムを食べに来ているんですね。

小さな赤ちゃんカタツムリもいて、ツンツンと触覚を触るとキュッと頭を引っ込め、

少しするとまた顔を覗かせかわいいです。

殻は成長とともに大きくしていくそうで、殻が破壊されると生きられないそうです。

元気に大きく育ってほしいですね

 

そして、この季節ならではのアジサイ。

会社には種類の違うあじさいをお客さまからいただき、社内を華やかに彩ってくれます。

花びらの形や色など品種が様々なので、お客様のお宅へ伺う一つの楽しみとなっています。

 

雨の降る日の楽しみ方はいろいろですね。皆さまはどんな雨の日を楽しまれますか?

 

 

 

七夕飾り(2)

投稿日:2020.07.06 | コメントをどうぞ

 

大きな体に広い心、三代目若社長の木原です。

引き続き七夕の回です。



七夕の意味は前回書かせていただきましたが今回は飾りについて書かせてもらいます。

七夕飾りに込められた願いは飾りひとつひとつにあります。

折り鶴

長寿をあらわし長生きできますように、、、

吹き流し 
織姫に備えた織り糸をあらわし裁縫の上達を祈ります。

網飾り


漁の漁網をあらわし、大漁を願います。

財布(巾着)
折り紙で作った財布で金運の上昇を祈ります。
あくまで上昇です。労せずお金が降ってくるわけではありませんね。

神衣、紙衣
折り紙で作った人形を飾りその人形に災いや穢れを身代わりになってもらいます。

屑籠
七夕飾りを作った残りのくずを折り紙で作った屑籠に入れます。
整理整頓や倹約の心を育みます。知りませんでした、、、これって重要!

短冊
五色の短冊に願いを書き飾ります。
物が欲しい、お金が欲しいはNG!手習いの上達を祈りましょう。

最終的にはお願い事は七夕飾りを取り付けお願い事は慎ましく星に祈りましょうがベターですね。

七夕飾り

投稿日:2020.07.03 | コメントをどうぞ

 

大きな体に広い心、三代目若社長の木原です。

マルコシのLine@の企画でみんなが社屋正面に七夕飾りを作ってくれました。


 


前日の業者会で業者さんにもお願い事を書いてもらい飾り付けてあります。



ここでふと疑問が、、、、

よく考えてみると七夕といえば『彦星』と『織姫』の恋物語くらいしか記憶にありません。

一体、誰に何をお願いするのでしょう?

調べてみると

日本古来の年中行事で「棚機」が原型のようです。

「棚機」は古代日本における禊の行事でいろいろな穢れ(けがれ)を清める行事。

毎年稲の開花時期にあわせて、主に農村部で盛んに行われた行事であり

棚機行事では村の乙女が棚機と呼ばれる機織り機で着物を織って棚に備えるそうです。

お盆を迎えるための準備の行事といったところでしょうか?

 

また、古代中国では乞巧奠(きこうでん)とよばれる機織りや裁縫の上達を祈る行事があり

この二つが奈良時代に融合し七夕の行事になったようです。

 

つまり短冊に願い事を書くにも

どうやらけがれを清める意味や技術の上達を願うのが正しい願い方なのかも???

ハワイに別荘が欲しいとか、旅行に行きたいとか、世界平和を祈るにはイマイチかもしれません。

職人としては技術向上を祈るのが正しいかも。

技術を持たない私は『彦星』と『織姫』の恋物語に思いをはせながらけがれを清めるのが良いかも?

さてさて、どうやって穢れた心を清めましょうかね?

 

次回は飾り付けの意味を考えてみます。

築14年

投稿日:2020.06.29 | コメントをどうぞ

 

卓球を愛して35年。江原 文男です。

我が家のマンションも築14年になりました。

組合のほうで共有部分の大規模改修の準備を進めているようです。

所有部分は自己で直さないといけません。

我が家もガスコンロ、食器洗い乾燥機が壊れだし、取替えすることにしました。

昔の機器は長寿命でしたが、最近の機器は10年で寿命が来るようです。

突然使えなくなると困りますので、10年過ぎたら機器の取替えをおすすめいたします。

 

 

 

 

パン教室

投稿日:2020.06.26 | コメントをどうぞ

はじける笑顔の山野幸恵です。

3月に予定していたパン教室が新型コロナウィルス感染拡大の影響で自粛となっていましたが、

今回開催されることになりお邪魔してきました。

小雨の降る中、玄関には梅雨らしく、てるてる坊主を吊るし飾りつけをされていました。

マルコシの本社に吊るしてあるてるてる坊主を見かけて作ったそうです!

かわいらしい表情です♪

 

 

今回は、ライ麦パン。

ネタを同じ重さに分けて、空気を抜きながらコネコネ。 丸く丸く…。

そして、だ円系に形を整えたら発酵機へ入れて待ちます。 そのあと、オーブンへ。

3月開催予定に間に合うようにオーブンを取り替えさせていただきましたが、やっと皆様にお披露目できます!

 

 

焼き上がりを待つ間にランチタイム。

メニューは、ローストビーフのサラダ(バルサミコソース)と

ブルーベリーとクリームチーズ入りのパンと食パンすべて手作りです。

 

 

6名でのランチタイムは賑やかで、手作りランチに大盛り上がり。

ソースが絶品! みんなでソース作りも教わりました!

 

パンが焼けると今度は、コーヒータイムです!

これまた、手作りケーキと出来上がりのライ麦パンをお皿にのせて反省会も盛り上がりました。

みなさんお話が尽きませんね。次回のパン教室はいつになるのか楽しみです!

 

 

新しいバス広告

投稿日:2020.06.24 | コメントをどうぞ

 

大きな体に広い心、三代目若社長の木原です。

高陽線を走っている広島交通のバス広告がリニューアルされました。

基本のレイアウトは変わらないのですが久しぶりに写真を載せてみました。

 

今までも毎年変えておりましたが相変わらずの反転文字も継続。

 

これが張り替える度にお客様の物議をかもします。

実はマルコシの営業車はすべて運転席側は反転文字になっています。

ご存知でしたか?

これは先代の時から決まっていることで

ステッカーは文字を読んでいただくものではなく

デザインだという気持ちがこもっています。

文字としてみるのではなく社名を含めた全体を見てほしい

左右が対象であるのは建築会社として

バランスの良い家を建てていくという気持ちを込めてデザインされています。

まぁ、お客様には伝わっていない自己満足ですので、親切なOB様は会社に

『間違って反対に印刷されとるよ!』

とお電話くださいます。

見ていただいていることを実感し、お客様が気に留めて下さることに感謝です。


第14回オレンジフェスタ開催決定!!

投稿日:2020.06.19 | コメントをどうぞ

 

パワフルなエース!金本和宏です。

新型コロナウイルスの影響で延期を発表していた

第14回「オレンジフェスタ」を8/1(土)に開催することに決定いたしました!

新型コロナに負けるな!の思いで、全体テーマを「ウィズコロナで暮らしをもっと快適に」と致しました。

今、最も身近な問題「ウィズコロナ」に対して、具体的で前向きな解決策を提案し

「安心」「安全」な住環境づくりをお手伝い致します。

(詳しくはHPのイベント情報でご確認を)

 

広島県の指導に基づき、新型コロナウイルス感染症対策を積極的に取り組みますので

是非安心してオレンジフェスタをお楽しみ下さい。

皆様のお超しを心よりお待ちしております。

 

※チラシは6/14中国新聞に折込ました。

見逃した方は、マルコシ本社前のモニター前にチラシボックスを設置しています。

是非、取りに来て下さいね!

又、7/1発行のフォーラム新聞193号でも詳しくご案内させていただきますのでお楽しみに!

 

梅雨の大雨

投稿日:2020.06.17 | コメントをどうぞ

 

卓球を愛して35年。江原 文男です。

今年も梅雨に入り、近年特有の大雨を降らせます。

普段の雨では漏らない屋根も、この大雨で雨漏りをしだします。

鉄板屋根のサビ、天窓のシーリング切れなど症状は様々ですが

この機会に点検をおすすめいたします。

雨漏りする前に処置し、安心の生活を。

 

浴室増築工事

投稿日:2020.06.15 | コメントをどうぞ

はじける笑顔の山野幸恵です。

5月中旬に、マルコシの不動産部で中古物件を仲介させていただいたお客様のリフォーム工事が進行中です。

元は、浴室が1115サイズのユニットバス。

洗面所も0.75坪なく、横幅50㎝のコンパクトな洗面化粧台と64㎝の洗濯パンを設置してあり

洗濯機も設置できる商品を選ばなくてはいけない窮屈な空間でした。

今回は、90㎝外に増築して、浴室は1216サイズのユニットバスに変更。

洗面所は1坪より少し広めに。洗面化粧台は75㎝、洗濯機のスペースは68㎝を確保しても

30㎝の収納BOXが置けるようになります。タオルや洗剤など日用品を置くスペースはあると便利です。

   解体してみると、窓を設置しようとしていたところに筋交いがあり、洗面台と洗濯機の設置位置を変更。

併せて窓の設置位置も変更。

断熱材も入っていなかったので床・壁に施工して少し形になってきました。

まだ、ユニットバスの組立はこれからですが、少しずつ形になっています。

 

コロナの流れか時代の流れか

投稿日:2020.06.12 | コメントをどうぞ

 

大きな体に広い心、三代目若社長の木原です。

先日、WEB合同企業説明会のリハーサル風景を載せさせていただきましたが

ついに6/10開催されました。同友会共同求人のメンバー21社で延べ3日間開催です。

私たちは初日の最終コマが出番、緊張の配信スタートです。

コロナウィルスの余波でいまだに大学を訪問さえできない中

電話での告知、メールでの周知、ホントに見てくれているのか心配でしたが

事前登録者数90名、1日の視聴数は300を超えたそうです。

私達が参加した最終コマでも30数名の学生さんが視聴してくれたそうです。

15分間の自社紹介のあとチャットによる質疑応答。

本当に見てる人いるのかな? 質問なんて来るのかな? と思いましたが

プレゼン中はなんとも雲をつかむというか、手ごたえを感じようもありませんでしたが

質問が飛び出せば聞いてる学生さんがいたんだと実感できました。

このようなインターネットを使った取り組みは

今後ますます増えていくんだろうなと思い、慣れていかないとと感じました。

一番はコロナも収まり対面で顔を見ながら学生さんとお話しできればと願うばかりです。

う~んWEBは慣れません。

1 / 7912345...102030...最後 »