スタッフブログ

町内清掃に参加

投稿日:2022.11.25 | コメントをどうぞ

木原愛一郎です!

久しぶりに町内公園清掃に参加しました。

全戸参加なら21軒との事ですが、残念ながら今回は9軒でした。

箒・塵取り・土嚢袋やスコップ等、通常の掃除道具は常備してありますが、

せっかくの機会なので、前日に動作確認の上

ブロアー・バリカン君①・バリカン君②を持参して張り切って参加しました。

 

以前は会社で毎週土曜日に町内の公園清掃を10年間続けていたので、なんだか懐かしい気もしました。

入口周りの植込みの剪定に始まりブロアーで落ち葉を集め、側溝の中まで奇麗にすることができました。

残念ながら参加者が過半数に満たなかったため、来期の役員選考会議は中止となりましたが、

出来るだけ地域の行事にも参加し、コミュニケーションを深めたいと思います。

 

玄関リフォームで日常が嬉しくなる

投稿日:2022.11.18 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

会社周辺の木々の落ち葉も一気に増え始めて、深まる秋を感じております。

紅葉を見るのはきれいなのですが、毎朝の掃除で大量の落ち葉と格闘しております。

これも掃除の醍醐味と秋ならではの掃除を楽しんでおります。

 

今回のブログは、『玄関リフォーム』のご紹介。

築年数が経過すると、不便に感じることが多くなる玄関。

家の中でもリフォームをして、快適にされたいと思われる方も多い場所です。

 

この度工事させていただいたお客様も、築30年を超えて、

「すき間風で玄関がとても寒い」「だんだん鍵穴が見えずらくなってしまって…楽に開け閉めしたい」

「湿気がこもるので、風通しを良くしたい」と思われていました。

 

そこでご提案させてもらったのが、「断熱タイプの玄関ドア」

 

「玄関ドア自体にしっかり断熱材が入っているし、引戸からドアにすることで気密性アップ」

「車のようなスマートコントロールキーで、鍵を出さずにボタンひとつでラクラク施解錠」

「網戸付のドアで玄関ドアを閉めた状態で、通風が可能」

となりました。

 

+α、玄関引き戸からドアにすることで玄関ポーチ内にシューズクローゼットを造らせていただき、

玄関周りの収納をしやすくしました。

 

玄関でのお悩みもお気軽にご相談下さい!日常が楽しく・快適になる玄関をご提案させていただきます。

 

 

 

手すり工事

投稿日:2022.11.14 | コメントをどうぞ

はじける笑顔の山野幸恵です。

年齢を重ねてくると下肢筋力の低下や体のあちこちが思うように動かせなくなってきます。

階段を降りるのも、一段ずつゆっくりと。

お客様にお聞きすると、横歩きをしたり、よつんばいで上がり降りすることもあるそうです。

とっさの時に掴まるところがないとヒヤッとしますね。

階段の蹴上が高いときは、手すりがあるといざという時に役に立ちますし

手すりを掴んで上がり降りすると安心感も増しますね。

 

あると便利、付けて損なし 

 

今回は、介護保険を利用して外手すりを付けさせていただきました。

                       工事前                  工事後

自治会看板取付工事

投稿日:2022.11.11 | コメントをどうぞ

 

卓球を愛して35年。江原 文男です。

先日、ある自治会様から公園に掲示する看板の作成をご依頼いただきました。

文章、字体、色付けなどのお打合せをし、早速作成に取り掛かり、取付けました。

マルコシではこのような仕事もしております。

何なりとお申し付け下さいませ。

 

第10回 夢拾いウォークin KOYO 開催

投稿日:2022.11.08 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

清々しい秋晴れの中、11/3(祝・火)、高陽町の5カ所の公園をスタートし

「第10回 夢拾いウォークinKOYO」(夢そうじ)を開催させていただきました。

 

昨年一昨年は、コロナ禍を踏まえ、公園や公園周辺の清掃をさせていただきましたが、10回目となる今年は

第1回~7回目までのように各地域の公園からバス通りを夢(ゴミ)を拾いながら町をきれいにしていきました。

 

参加者の年齢は幅広く、下は2歳~上は80歳代まで。

四世代、110名の皆様にご参加をいただきました。

 

掃除後の感想では「生まれて初めての経験でいい汗を流しリフレッシュした」

「一つ夢を拾うともっともっと拾いたくなる、来年も是非参加します」

と嬉しいお言葉が…。

 

今年の夢の総数は、63.4㎏。

3年前の2/3まで少なくなっていました。

多くの皆様の善意で、高陽町が美しい街になっていることを実感。

心から感謝致します。

来年も11/3の文化の日に開催致しますので、是非ご参加下さいませ!

アウトドアリビング

投稿日:2022.10.19 | コメントをどうぞ

はじける笑顔の山野幸恵です。

お庭を眺めながらのティータイムはいかがですか?

おうち時間を楽しむ工夫。

家族でバーベキューをしたり、お友達とティータイムをすることができます。

小さいお子様がいらっしゃる方は、夏にプールを出して水遊びも喜ばれますね!

 

デッキには、ガーデンシンクもつけました。

ちょっとした手洗いにも使い勝手がよく便利です。

ウッドデッキをつけてアウトドアリビングを楽しみませんか?

引退記念

投稿日:2022.10.11 | コメントをどうぞ

大きな体に広い心、三代目社長の木原です。

他社を定年退職してからマルコシへ再就職して頑張ってくれていた平見さんが

17年間の務めを終えることとなりました。

 

本来はもう少し早く楽をしてもらえればよかったのですが

人材難な昨今、無理を言って勤めていただいていました。
今後は大好きなカープの応援に精を出してもらうためにも退職記念品は

マルコシオリジナル応援ユニフォームを作成。

こだわりの詰まった仕上がりになりました。

背番号は【054】読みはマルコシのつもり。

 

第二の人生どころか第三の人生ですが楽しい毎日を送っていただきたいです。

お疲れさまでした。

 

 

よろしければこちらも。

https://www.instagram.com/koke_forum_hiroshima

コケリウム・ムスキオクラブ

一日一作品の投稿を目指しておりますので是非、見てください。

台風に備えて、屋根リフォーム Vol2

投稿日:2022.10.03 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

10月に入り秋の気配をより一層感じる季節になりました。

9月に続き、10月も台風シーズンが続きます。

今一度台風への備えを見直しておくようにしてください。

 

今回のブログは

前回に引き続き台風対策で重要な『屋根』のリフォーム工事を施工させていただいた現場からのレポートです。

 

今回は、工事中から完成までの様子です。

 

傷んだ元のセメント瓦を撤去して、まずは「防水シート」を施工していきます。

屋根材の下にあり外から見ることはできませんが

見えないところで雨水から住まいを守ってくれている非常に頼もしい建材です。

 

防水シートの上に新しい屋根材を施工していきます。

軒先には、より雨水の侵入を防ぐ「水切り」板金を取付。

雪が軒先に溜まらないように雪止め金具も取付。

 

屋根職人が魂を込めて施工をしてくれたお陰で、見違える程キレイになりました。

これなら、台風が来ても安心です。

 

雨漏りは、目に見える状態まで雨水が侵入してから始めて分かりますが

屋根が傷んでいる状況のままだと、知らないうちに屋根の下地には雨水が侵入して腐食が始まっているかも…。

特に台風の時は雨水が侵入しやすい状況になります。

台風から大切な住まいを守るためにも、まずは屋根の点検から。

お気軽にお声掛け下さいませ。

 

 

 

 

 

和室リフォーム 「私だけの特別な部屋」

投稿日:2022.09.30 | コメントをどうぞ

はじける笑顔の山野幸恵です。

大好きなものだけを詰め込んだ「私だけの部屋」が完成しました。

お施主様のこだわりが満載です。

元は、和室。

 

仕上がりは

床は、ウォールナット色のフローリング。

壁は淡いブルーと紺色のクロス。

天井は薄茶のクロス。

 

木部は奥様が工事前にきれいに塗装され、リフォーム工事をスタートしました。

障子も色を替えて貼り替えられて、とてもすてきです。

床の間と押入れの床も奥様がリフォームをされて完成しました!

お持ちした観葉植物がちょうどいいアクセントに(^^♪

 

家具の色味もお部屋に統一され、趣味を楽しむお部屋が出来上がりました!

 

リフォーム工事のお手伝いができてとてもうれしいです。

産直市の賑わい

投稿日:2022.09.22 | コメントをどうぞ

木原愛一郎です!

無事にお盆の墓参りも終わり、お彼岸前に盆灯篭や鹿たちに食い荒らされたお供え物や供花の片付けに行ってきました。

ついでに電動工具や竹箒も持参し、お彼岸に誰がお参りしてくれてもいいように、周囲も含め整えました。

 

無事に作業を終え、久しぶりに八千代の産直市場まで足を延ばしました。

新鮮野菜や加工品、ジビエ食材まで多種多様な品揃え…、特に目を見張るのは野菜のお手頃感です…。

最近は円安や燃料・原材料の高騰で、スーパーに行っても多くの食材が値上げラッシュです。

しかしながらどの野菜を手にとっても一袋が\100~\150程度…高いものでも\200です。

母親や妻も嬉しそうにカゴに詰めていきますが、腐ることがないようにと願うのは私だけ…?

 

次回はお彼岸に寄ってみたいと思います…。

1 / 8312345...102030...最後 »