金本和宏

魂を込めて屋根(瓦葺き替え)リフォーム! Vol.2

投稿日:2020.10.27 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回は、前回に引き続き屋根瓦の葺き替え現場のレポートです。

 

前回のブログで屋根瓦の葺き替えに至るまでのエピソードと、

新しい瓦「石州瓦の総合防災 ウルトラ3S瓦」のご紹介をさせていただきました。

見逃した方は、10/14のブログを見て下さいね!

 

マルコシの瓦職人は「かわらぶき技能士」、「瓦屋根工事技士」の資格を持つ信頼おける職人です!

魂を込めて屋根リフォームを施工させていただいた様子をご覧下さい。

(せっかくですので、工程順の写真でまとめてみました。)

 

既存の瓦を撤去した状態

※40年経過すると、普段は見えない防水シートも劣化してしまっています。

 

 

ルーフィングシートを施工した状態

※ルーフィングシートとは屋根瓦本体の下に敷く、「屋根の防水シート」のことです。

改良された耐久性の高いルーフィングシートを使っています。

 

 

瓦を固定する桟木を施工した状態

※瓦を引っ掛けてビスで留めるところになります。

万が一雨水が染みこんだ時のために、水抜き穴が施されています。

 

 

瓦を順番に取付けている状態

※桟木の上に瓦を葺いていきます。軒→袖→平場→棟の順に葺いていきます。

瓦一枚一枚がガッチリ合体するのが、防災瓦の特徴です。

 

 

平場まで葺きあがった状態

※総合防災 ウルトラ3S瓦の特徴、瓦谷部の多機能突起がよく分かります。

この突起が瓦谷部を流れる雨水を分散させ、逆水を弱めて雨漏りを防止します。

 

 

棟部の施工途中の状態

※棟土に撥水剤入りのシルガード棟土を使用します。

のし瓦の上に、丸瓦を乗せ、ステンレス製の番線で絞め、仕上げます

 

 

 

屋根リフォームが完成した状態

※きれいに仕上がった屋根に惚れ惚れします。

軒先の石州瓦の模様がカニさんマーク? に見えますが、実は「瓦万十唐草」といい、

昭和〜石州瓦の各メーカーで統一したブランドマークなんです。

豆知識でした。

 

ざっと瓦屋根リフォーム工事の施工手順をご紹介しました。

お客様もきれいな仕上がりに大変ご満足いただけました。

暑い中、魂込めて一所懸命工事をしてくれた職人さんに感謝!

改めて、和瓦の良さを実感することが出来ました。

 

 

魂を込めて屋根(瓦葺き替え)リフォーム!

投稿日:2020.10.14 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回は、屋根のリフォーム その中でも難易度の高い、屋根瓦の葺き替え現場のレポートです。

 

お客様から「屋根の一部がなぜか茶色く見える所がある」とご相談が…。

急ぎ現場にお伺いして、状況の確認です。

早速、屋根に上がって見てみると、屋根瓦広範囲に「凍害」の症状が出てしまっています。

凍害とは、屋根材中の水分が0℃以下になった時の凍結膨張(水が氷ると体積が大きくなる現象)によって

発生するものであり、長年にわたる凍結(こおること)と融解(とけること)の

繰り返しによって屋根の材料が徐々に劣化することです。

凍害は、瓦を製造する時点での土の性質や焼成温度・焼成時間等によりかなり左右されると言われています。

写真のように、瓦自体が弾けて割れを起こしてしまっています。

これでは、お客様の大事な家・暮らしを守ることは出来ません。

新しい屋根材への葺き替えをお薦め致しました。

では、何の屋根材にするか?お客様のお好みや家の雰囲気も考慮して、

お奨めしたのは「石州瓦の総合防災 ウルトラ3S瓦」です。

 

この「石州瓦の総合防災 ウルトラ3S瓦」、

雨・風・雪・地震の自然災害から大切な住まいをしっかりと守ってくれます。

 

①凍害に強い!

・鉄分の少ない、石州地方の最良質の白土を1200℃以上の高温で焼き締めて瓦を作ります。

 含水率・給水率も低い最高品質の瓦です。

②地震・台風に強い!

・一枚一枚の瓦に溝が成型されており、優れた合体機能を持っています。それにより、瓦の

 ズレ、落下、飛散の防止をしながら雨風の侵入も防ぎます。

③雪・逆水に強い!

・瓦表面の多機能突起で、落雪を防ぎ屋根の雪を早く溶かします。また、瓦を流れる雨水を

 分散させるので、逆水による雨漏りを防止します。

 

お客様もご納得いただき、この「石州瓦の総合防災 ウルトラ3S瓦」で

屋根の葺き替え工事をさせていただくことに。

マルコシの屋根職人さんは、自然災害から大切な住まいをしっかりと守れるように

魂を込めて屋根リフォームを施工してくれます。

その様子は、次回のブログにて。どうぞお楽しみに!

 

続、心を込めて玄関リフォーム!

投稿日:2020.09.30 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回は、前回に続いて玄関ドアリフォームの現場レポートです。

 

お客様から「ブログを見たよ!うちの玄関もおしゃれに変わるかしら?」と嬉しいご相談が。

36年も家を守ってくれた、玄関ドア。月日が経つにつれて、

紫外線や湿気の影響で木製のドアはどうしても表面が劣化してしまいます。

毎日通る玄関を外から見るときに、何とも寂しい思いをされていたそうです。

 

そこで、「一日で玄関ドアが生まれ変わるのなら」と、玄関ドアリフォームを決意されたとのこと。

ご提案した玄関ドアは、採光部に唐草装飾をダイナミックに使った個性的なデザイン。

家の外観の雰囲気に合わせた、ダークブラウンのドアに映える

ロートアイアン調の唐草装飾が玄関のアクセントになっています。

 

完成した玄関ドアを見て、「これなら、毎日玄関を通るのが嬉しくなる」と嬉しいお言葉をいただきました。

玄関は毎日使う所で、お客様をお迎えする「家の顔」。

引き続き、お宅の最高の「顔」になるよう心を込めてリフォームさせていただきます。

 

 

 

心を込めて玄関リフォーム!

投稿日:2020.09.15 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回は、玄関ドアリフォームの現場レポートです。

お客様から玄関ドアを開け閉めするのに、枠とこすれて動きが悪くなったとご相談が。

お伺いしてみると、地盤の影響も有り玄関ドアに傾きが出てしまっていました。

これでは、毎日の開け閉めが難しいはずです。

玄関ドアや周りのタイルを壊して取替えるのではなく、

一日の施工で玄関ドアをリフォームする「ドアリモ」を提案し、ご採用いただきました。

しかしこのドアリモ、施工は一日ですが、

その為に重要になるのが職人さんとの事前の調査・採寸とおさまりの打ち合せなんです。

この、入念な事前調査・打合せがなければ一日で美しく完成させることは不可能です。

今回の現場は、歪みや傾きも有り、腕の見せ所です。

細かい所まで職人さんと打合せしながら、どうしたら美しく見えるかを考えていきます。

デザインや色味のお客様との打合せは私の担当。

「今の家の雰囲気に違和感無く解け込みながら今より明るい雰囲気に」が奥様のご希望です。

いざ、工事が始まると必要なパーツの加工という一手間も加えながら、職人さんが心を込めて仕上げていきます。

奥様の「これなら、毎日玄関を通るのが嬉しくなる!」が最高の褒め言葉です。

玄関は毎日使う所で、お客様をお迎えする「家の顔」。

お宅の最高の「顔」になるよう心を込めてリフォームさせていただきます。

 

心を込めて屋根工事!

投稿日:2020.09.04 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回は、屋根の雨漏り補修工事の現場レポートです。

 

今年は梅雨で大雨が続き、雨漏り補修のご相談を多くいただきました。

しかし、弊社は信頼ある屋根屋さんへしか仕事の依頼はしないので、

少々お待ちいただくことに…。台風までに何とか間に合いました。

お待たせして申し訳ございません。

 

雨漏りの補修は、なぜ雨漏りがしたのか、問題点を現場の状況を判断しながら見つけていきます。

  

その時は、私も屋根の上に上がって、職人さんと作戦会議。

少しの問題も見過ごさないように、職人さんと意見を述べ合います。

ですから、信頼ある屋根職人さんでなければならないという訳です。

 

せっかく工事をさせていただくのですから、お客様に安心をしていただきたい。

職人さんとそんな思いを同じくして、雨漏り補修工事を進めております。

 

 

 

 

アプローチをリフォーム!

投稿日:2020.08.26 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

今回は、アプローチの工事を施工させていただいた現場のレポートです。

 

既存は、飛び石が配置されていたお玄関へのアプローチ。

お客様もお年を召され、飛び石の間隔と歩幅が合わなくなり、「どうにか出来ないか?」

とご相談をいただきました。

そこで、ご提案したのが板石。

せっかくのアプローチ、見た目も高級感のある白御影石の板石をご採用いただきました。

これなら、歩幅の間隔や段差も気にすることがなく安全に通ることが出来ます。

 

ちなみに、敷石のデザインには代表的な3種類があるそうです。  

                 真(規則どおりに四角四面にきっちり作ること)

                 行(規則を守りながらも一部変化を見せるように手を加えること)

                 草(自由な発想のもと自分を表現すること)

だそうです。

 

今回は、真のデザインです。

伝統的な敷石の3種類のデザインは、日本庭園の最高傑作と称される桂離宮で見れるそう。

ずっと、桂離宮の参観をしてみたい私ですが、ますます行ってみたくなりました!

 

余談ですが、お客様の愛犬(豆ちゃん)もこの板石を気に入っていただけたご様子。

写真を撮りにお伺いしたら、気持ちよさそうに板石の上でお昼寝していました(笑)

 

オレンジフェスタにご来場いただきありがとうございます!

投稿日:2020.08.17 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

第十四回目となるオレンジフェスタを八月一日、マルコシにて開催させていただきました。

今年のテーマは

~「ウィズコロナ」で暮らしをもっと快適に~

 

今、最も身近な問題「新型コロナウイルスとの共存、ウィズコロナに対して」

具体的で前向きな解決策をご提案いたしました。

 

今回お客様に安心して、安全に楽しんでいただくために考え・実行したコロナ対策です。

                ①事前予約制にして100名様まで。開催までに、お客様の情報をリスト化。

                ②お客様のマスク着用と消毒。(念の為、お客様分スタッフ分のマスクを準備)

                ③お客様対応するスタッフは、マスクの着用とフェイスシールドの着用。

                ④各ブース、社内設備(手すり、ドアノブ、トイレ等)定期消毒

                ⑤社屋内一時間ごとに10分間の換気

                ⑥席や列の間隔を空ける

                ⑦大型扇風機による屋外も換気

 

各ブースでは、ソーシャルディスタンスを保ちながら、

テーマに沿ったイベントを皆様に楽しみながら参加していただきました。

(各ブースの様子は、各社員のブログから)

皆様の笑顔を拝見出来て、難しい決断でしたが、オレンジフェスタを開催して良かったと、安心いたしました。

これからもマルコシは、地域の皆様の安心・安全の為に何が出来るかを考えて形にして実行していきます!

次回のイベントもどうぞお楽しみに!!

 

手作りマスクケースを作ってみませんか?

投稿日:2020.07.28 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

8/1(土)開催の第14回オレンジフェスタ!

1週間を切り、準備も大詰めを迎えております。

 

そんな、準備風景の中で今、全員で取り組んでおります「手作りマスクケース」の模様をご紹介。

毎年恒例でご好評のDIYワークショップ。

今年はオレンジフェスタのテーマ「ウィズコロナ」に沿った物をということで…。

「私だけの手作りマスクケース」を作っていただきます。

お好きなクリアケースをお選びいただき、オリジナルのマスクケースを手作り。

世界でたった一つの手作りマスクケースがご来場記念品です。

 

しかし、このマスクケース完成までの作業工程が結構多くあります。

密回避の為にも、ある程度準備の段階で作っておかなければなりません。

ということで、社員全員で少しづつ分担・協力して準備をしております。

 

是非、オリジナルマスクケース作りを楽しんで下さい!

新型コロナウイルス対策も万全に準備して参ります。

どうか皆様、安心してご来場下さいませ。

 

「転ばぬ先の杖」をお奨め

投稿日:2020.07.15 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

もう少しで梅雨も終わりに近づいてきました。

豪雨が続き、避難警報が発令された地域が多く、ご不安だった方も多くいらっしゃったと思います。

被害に合われた方の一日も早い復興をお祈り致します。

この大雨で、ご縁のあるお客様から緊急のSOSが多数ありました。

雨漏りです。

雨が小降りになった時や晴れ間を見て被害状況を確認に伺いました。

被害状況と原因は様々。

瓦のずれや割れから大量の雨が侵入して、室内へ雨漏りしているお宅や

樋にコケが詰まり、割れていたり、

外壁のコーキングが切れてそこから雨が侵入して雨漏りしたり様々です。

応急処置が出来るお宅はその場で行い、安心していただくことができました。

梅雨が明けたら工事できるよう今から段取りをしていますので、今しばらくお待ち下さい。

皆様には被害が出る前に、平時での家の点検をお薦め致します。

「転ばぬ先の杖」、ご不安でしたらいつでも金本までどうぞ。

 

 

第14回オレンジフェスタ開催決定!!

投稿日:2020.06.19 | コメントをどうぞ

 

パワフルなエース!金本和宏です。

新型コロナウイルスの影響で延期を発表していた

第14回「オレンジフェスタ」を8/1(土)に開催することに決定いたしました!

新型コロナに負けるな!の思いで、全体テーマを「ウィズコロナで暮らしをもっと快適に」と致しました。

今、最も身近な問題「ウィズコロナ」に対して、具体的で前向きな解決策を提案し

「安心」「安全」な住環境づくりをお手伝い致します。

(詳しくはHPのイベント情報でご確認を)

 

広島県の指導に基づき、新型コロナウイルス感染症対策を積極的に取り組みますので

是非安心してオレンジフェスタをお楽しみ下さい。

皆様のお超しを心よりお待ちしております。

 

※チラシは6/14中国新聞に折込ました。

見逃した方は、マルコシ本社前のモニター前にチラシボックスを設置しています。

是非、取りに来て下さいね!

又、7/1発行のフォーラム新聞193号でも詳しくご案内させていただきますのでお楽しみに!

 

1 / 1212345...10...最後 »