社長メッセージ

四方八方気をつける事ばかり

令和2年4月

新型コロナウィルスの猛威は世界的に広がっていますが、国内の感染者数は自粛要請の効果もあり、比較的緩やかに推移しているようです。皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしでしょうか?

目まぐるしく変わる環境に対応していくのがやっとといった日々です。

私たちの生活も個人の環境変化だけでなく、地球規模の環境変化に対応していかなければならない時代になったようです。直近でも平成三十年七月の西日本豪雨災害の自然災害、今回の新型コロナウィルスの健康被害など、多岐にわたり気を付けていかなければならない状況です。

 

『備え』もいろいろ

そのような中、私たちがお役に立てることは無いか考えていきますと、五月のオレンジフェスタでは、二面にもご案内いたしますますように、様々な環境変化、突発の災害に『備える』ためのご提案をさせていただく準備をしております。その他では、不動産部門からのご提案として、住宅を売却されるときの価値を高める『家歴書』の必要性を解説させていただきます。この家歴書とは、長く住んできたお家を手放す時、これまでやってきたリフォームや、長寿命化に対応するための外装工事の時期を明確にし、お家の価値の判断基準にしていくものです。不動産業界では木造建築の場合、法定耐用年数は22年で家屋としては価値がないとみなされることがあります。むしろ、取り壊す為に費用が掛かるので、売買価格を下げていく要因となります。

これを回避するための施策として、リフォーム工事履歴書をマルコシでは『家歴書』としてお作りしようと思っております。将来的に考えて、お家の価値を明確にしておくことも一つの備えなのではないでしょうか?

 

Line@で地域を活性化!

新年号でもご案内したように、ソーシャルコミュニケーションツールLine@での「勝手にまち再生プロジェクト」も継続しております。

お友達になっていただいた方もやっと300人を超えたところです。まだまだ目標の3000人には程遠いですが、お友達になって良かったと感じていただけるような情報発信をしてまいります。

情報発信としては、住宅に関する耳寄り情報や弊社主催の卓球大会の告知、地域の店舗さんのご紹介など発信しております。今後も多岐にわたり、お役に立てる情報をしっかり調査して発信していきます。もちろんいろいろなクーポンも発行しています、セブンイレブンさんの金のビーフシチュー引き換えや、飲食店さんのドリンク無料券など、今後も続々発行していきますので楽しみにしていてください。是非、ご家族やご友人にもシェアしていってください。