社長メッセージ

201号からのリニューアル

令和4年7月

前号でお伝えさせていただいたように本誌フォーラムニュースも200号を数え、今号から少しリニューアルに取り組んでまいりたいと思います。近年は私たちの取り組みや想いをお伝えする記事が多かったように思います。しかし、世界的なコロナ禍を受ける中、ここ高陽地区でも地域の絆や繋がりに危惧を感じるのは私だけではないと思います。それを踏まえ地域の方々の交流を目指しコミュニティカフェ『ふぉーらむ』を昨年オープンし、併せてこども食堂『土曜ふぉーらむ』を開催させていただいています。カフェを拠点に少しでも地域交流を図り、アフターコロナ、ウィズコロナにつなげていきたいと思っています。


「こども食堂、今週のメニューは~ドレスオムライス~」

 

3000人以上にご登録いただいている『マルコシLINE公式アカウント』は地元の個人商店さんをはじめ、様々な情報を配信することで広まってきています。ご協力くださるお店も40店になりました。
ここ高陽地区にはまだまだ素晴らしいお店があります。

このフォーラムニュースもそれに伴い変革する必要を感じました。創業者の想いが詰まった紙面をより地域のニュース、情報を盛り込んだものにしていこうと思っています。少しずつではありますが紙面をもって地域のつながりを取り戻すお手伝いをしてまいります。

 

  
「オレンジフェスタに来てくれたかほちゃんが書いてくれました」

 

カフェを活用した様々な世代の対面での絆づくり、LINE公式アカウントを活用した地域再発見による絆づくり、紙面をもって地域の情報共有をすることでの絆づくり、こうした取り組みこそが創業者の目指した『日本一安心な街づくり』につながるのではないかと思います。今後とも変革するフォーラムニュースをご愛読くだされば幸いです。