日々雑感~デイリーメッセージ~

平成22年11月3日(No5067)  議員は何をする人?

議員は何をする人?

島根県出雲市と合併したい町が何度も住民投票で推進を決めているのに、その都度議会が反対して潰している。町会議員さんの横槍はどこか 国のように、民意を反映しない「ならず者集団」らしい。国会議員も口では民意を尊重と言いながら、やっていることは大抵の場合「無視」。選んだ有権者がアホだといわれればその通り。選挙の時はコロッと騙される。

 

安佐北区選出の市会議員さんの広報紙をポスインする回数が増えてきた。来春の統一地方選挙で市長も市会議員も改選になる。9月~10月の活動報告の内容は、面白いがアホらしくて笑えない。60日間の活動が細かく記入されているが、本業の議員の仕事に見えるのは6回。日曜日などははしごをしているのだろうが、地域の行事にこまめに顔を出している。

 

9月12日は球技大会、三つの中学校の運動会、加えて敬老会で6カ所。19日は敬老会二ヶ所にスポーツ大会、お茶の会と多彩。10月に入ると運動会に加えてお祭りと労組の定期大会などが加わる。2ヵ月で選挙の事前運動のような顔見せが37回。選挙制度が悪いのか、有権者が求めるのか不明だが、これでは議員がすべきことも出来ないのではないか。

 

裏返してみれば市会議員の仕事なんてあちこちに顔出ししていれば勤まるということか。地域のお世話をしていた頃に経験したが、議員と名のつく人間が運動会などでウロウロしてもらうと迷惑だった。「ただいま○○先生がお見えになりました」とアナウンスされ、先生が一歩前に出て手を振ると盛り上がった雰囲気が一気に冷える。税金の無駄遣いの極致?される。