日々雑感~デイリーメッセージ~

平成23年1月3日(No5128)  2010ニュース回顧

2010ニュース回顧

十大ニュース、ニュース回顧など名称はいろいろだが、マスコミはもとより個人も捉え方が違う。関心のない人、思い出せない人もある。産経新聞(12/30付)の選択が腑に落ちる。

 

1、尖閣諸島沖で中国船が巡視艇に衝突。ビデオ流出波紋呼ぶ。

2、参院選で民主党大敗。衆参ねじれ国会の事態に。

3、普天間移設で日米合意。迷走鳩山内閣は辞職、菅内閣のスタート。

4、「通貨安」競争激化で円高進行。日本企業が四苦八苦。

5、ゲーム、映画鑑賞、ネットも自在のスマートフォンが爆発的人気。

6、厚生労働省・村木元局長が無罪。証拠偽造などで特捜検事らを逮捕。

7、小惑星イトカワから探査機「ハヤブサ」が帰還。

8、ノーベル化学賞に鈴木章、岸英一両氏。

9、戸籍のみの「100歳超」高齢者、次々と明るみに。

10、検察審査会、小沢一郎氏を政治資金問題で強制起訴議決。

 

番外編。・宮崎県で口蹄疫。 ・日航が経営破綻。 ・観測史上最高の猛暑。 ・露大統領、国後島を初訪問。 ・波乱続きの大相撲。W杯、日本が16強入り。 ・裁判員裁判、初の死刑判決。 ・茨城でバス襲撃,14人負傷。

 

明るい話題は⑦「ハヤブサ」、⑧「ノーベル賞」、番外の「サッカー」しかない。社会が病んでいる証とも言える。いまの政治は無力であることも物語っている。何よりも日本の社会が健やかになる生き方が、それぞれに求められている。

 

 

海外ニューストップ10に、日本は今年も貢献できなかった。悪名を高めるよりはマシか。寂しい気がする。

 

1、北朝鮮による韓国哨戒艦撃沈、延坪島砲撃などで挑戦半島が緊迫。

2、北朝鮮の金正恩氏が父・正日総書記の後継者に決定。

3、ギリシャ発の欧州金融危機が発生。

4、チリ鉱山事故で作業員33人を69日ぶりに救出。

5、中国が日本を抜き世界第2位の経済大国に。

6、中国の胡錦濤国家主席の後継者に近平氏。

7、中国の民主活動家、劉暁波氏がノーベル平和賞。

8、「ipad」登場。ツィッターなど新サービスも普及し、情報流通の姿が激変。

9、米中間選挙で民主党敗北。草の根運動「茶会」影響力示す。

10、ウイキリークスによる米公電公開、国際社会揺るがす。

 

番外編。 ・中国で初の万博。 ・大地震相次ぐ。 ・メキシコ湾で原油流出。 ・噴火、欧州の空乱れる。 ・トヨタ社長米公聴会出席。 ・米軍イラク撤退 ・イチロー10年連続200安打。

 

世界は中国を中心に動いている。自分で自分の国を守れない日本は、さらに孤立が進むのではないか。国威の高揚に憲法改正が急がれるが、論議も始まっていない。

 

借金大国ニッポン破綻。尖閣諸島、中国に侵略される。日本外交、ロシアに屈す。農業衰退、日本国土荒れ果てる、など衝撃的なニュースが、近々世界に配信されるかも知れない。

 

せめてスポーツの世界でも構わないから、世界のニュースに値する活躍をしてほしい。期待は斉藤祐樹、石川遼、宮里藍、イチロー…。悔しいが高齢者には何も出来ない。自分のことはともかく、せめて身近な人を幸せにする日々を過ごしたい。