日々雑感~デイリーメッセージ~

平成23年5月27日(No5272)  日本一のゴールデンウィーク

日本一のゴールデンウィーク

日本一の家具職人の会社・秋山木工から「みみよりふくだより」が、丁稚さん編集で届けられる。№127号には腰を抜かすほど吃驚仰天した。遊ぶ、休む、寝る以外は考えたこともないが、素晴らしいゴールデンウィークの過し方を知った。相変わらず今年の連休も、そうじ、はがき、論語は欠かさないが、所詮一人だから出来る。全員とは! 恐れ入った!

 

日本一の職人会社は何もかも違う。ここまで若い人を魅了する秋山木工もすごいし、社長の秋山利輝さんも怪物だ。4月29日は丁稚4年、職人4年、計8年を勤め上げた技能5輪のゴールドメダリスト・石岡佑さんの巣立ちを見送った。恒例のマラソン大会も全社員が参加し、初参加の新人・山口さんが見事優勝。写真で数えると30名は走っている。

 

5月1日から5日まで連続5日間、午前6時からそろばん教室。20名を超える丁稚・職人さんが参加している。6月に実施される検定試験に新人7名全員、1年生2名、計9名が挑戦。全員が合格を目標にしているそうな。講師は日本一十段の神林先生。指の訓練だけではなく、人生教訓まで学んだ。「算盤の時代」。「読み、書き、算盤」の寺小屋そのもの。

 

加えて技能5輪予選通過を目指して、新入生4名、丁稚一年生4名、計8名がチャレンジ。5月3日から先輩職人さんの指導を受け始めた。全員が当たり前のこととして、日曜・祭日もひたむきに走っている。五月病を知らないと豪語。軟弱な若者たちの多くがゴールデンウィークでリタイヤすると伝えられるが、秋山木工は別世界。凄い! 凄い! 凄い!