日々雑感~デイリーメッセージ~

平成23年6月7日(No5283)  整体治療の効果

整体治療の効果

毎週日曜日午後7時から夫婦で整体治療を受けている。平成20年3月から始めて3年を経過した。この間、正月といえども一週も休んだことはない。175週連続となる。続けることは性にあっているが、治療ともなれば相手のあることだから簡単ではない。実はお隣のSさんが整体師で、往診してもらっているから続く。こちらから行くとなれば簡単ではない。

 

当時、右の首筋、肩、腕の痛みがひどく、整形外科からマッサージ、鍼灸、低周波治療など手当たりしだい試みた。残念ながら完治に至らなかった。あらためて体は痛くなってからでは簡単に治らないが、痛くならないように手入れをすればさほど難しくないことが分かった。ざっと一年くらい続けてほぼ治った。しかし、そこで止めなかったのが正解だった。

 

過激な使い方をしない限り身体は文句を言わないが、それなりの準備をすればそこそこ耐えてくれる。無茶をすればすぐしっぺ返しが飛んでくる。街路樹などの高所剪定作業、長時間の農作業などが重なると若いときのようにはいかない。今年も街路樹の剪定をしたが、過激な痛みはなく短期間で治った。これは「痛くないときでも治療する」効果だと思う。

 

100㌔ウォーキングに参加するため、徒歩通勤など歩くことを心掛けている。最近は一日2万歩超ほど「万歩計」が示している。無理をしているはずだが、体が張ってないと整体師は言う。徒歩通勤を始めた頃は体がびっくりしたのか、あちこちが悲鳴を上げた。それでも休まなかった。だから、ご褒美がいただけたようだ。老いを止めるためにも手入れが必要。